アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

アトリエZen 展覧会案内
infomation



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2020年2月2日まで:
角屋 幸〓終了しました〓
2月3日~4月12日:外山文彦 〓終了しました〓
4月13日~6月14日:三上喜貴 〓展示中〓ウィルス対策のため臨時休業期間があります。変動もありえますので長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.35/5月14日~7月31日舟見倹二+外山文彦
展示案内
展示作品リスト・展示風景



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


エックス展の次回開催予定

エックス展の次回開催について。
この新型コロナウィルス禍で先々が見通しづらくなってますが、日程を決めています。 同展は2010年から毎年開催してきましたが今年2020年の開催は見送ることとして、次回(第11回展)は来年3月の開催としました。会場はエックス展では初の使用となる、長岡市美術センター。

これまで毎回15名前後が集まり、いわゆるグループ展や会派を結成するのではなく各回で出展作家の変動をみせながら続けてきました。出展作家の調整をしていますので、参加を検討したいかたは下記にお知らせください。(展覧会概要をお送りします。アトリエZenの企画に参加されたことのないかたは、制作されている内容をあわせてお伝えください)
問い合わせ・連絡先→アトリエZen:【メールフォーム】 またはメールアドレス
atelierzen99★yahoo.co.jp (★を@に)


エックス展について:昨年の第10回展時に、それまでの経緯をふまえて新潟日報に書いていますのでそちらを参照ください(↓)。
https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5289.html
そこにもありますが、エックスとは数学でいう「未知数」のことで、若い世代の織り成す表現から未知の可能性を探りたい、そう考えてスタートした企画です。

15-063.jpg
2014年のエックス展
 

手始めに手を描く

15-064b.jpg

昨日は「その痕跡が手の指のように見えた」と書いていた
旧長岡現代美術館、斎藤義重の外壁レリーフ取り外し後の光景の話だが、「現代美術の基礎」という本に収録されている70年代の氏の講義に「手始めに手を描く」というのがあって、そんな符合を面白く思っていた。

所用があって駅方面まで。駅ビルの専門店街「CoCoLo長岡」は感染症拡大防止対策で一部店舗を除き休館中で、入口ガラスドアに貼られた休館案内を撮ろうと何気なくシャッターをきった。何気なさすぎてそこにピントがまったくあってないままだったけれど、でもこれはこれでガラスへの映り込みが面白い写真になった。

 | ホーム | 

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR