アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

アトリエZen 展覧会案内
infomation



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2020年2月2日まで:
角屋 幸〓終了しました〓
2月3日~4月12日:外山文彦 〓終了しました〓
4月13日~6月14日:三上喜貴 〓展示中〓ウィルス対策のため臨時休業期間があります。変動もありえますので長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.35/5月14日~7月31日舟見倹二+外山文彦
展示案内
展示作品リスト・展示風景



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


営業再開のお知らせ/長岡小嶋屋

      
新型コロナウィルス感染拡大防止のため臨時休業していた長岡小嶋屋は来週から順次営業再開していくとのこと。
三上喜貴作品7点を店内に飾っているCoCoLo長岡店は11日(月)からの再開。営業時間が17時までに短縮されていますのでご注意ください。

      13-748b800.jpg

叱られる前に

今夜7時半~のNHK「きらっと新潟」では、高校野球夏の甲子園で日本文理高校が準優勝したときの、9回二死からの最後の怒涛の攻撃がノーカットで放送されるらしい。今朝の新聞のテレビ欄にも「奇跡の9回」と出ている。奇跡の軌跡というわけですね。チコちゃんに叱れられる前に見たいと思う。
 15-065.jpg

こんなふうにテレビを見るとか小説借りたから読むとか書いてるとなんとも呑気そうで、暇そうに見えてしまうけど、新型コロナへの対応やら差し迫った仕事等あったりでGW中からだいぶたてこんでいる。GW中にと思って借りたクリスティは読み始めたはいいがすぐ時間切れストップしてしまい、返すのに時間かかってまた叱られそうだ。

ところで日本文理の当該決勝戦のそのシーン、感想みたいなものを当時blogに書いている。いま探してみたら2009年12月29日で、書いたのが年末だったことはすっかり忘れていた。マイスキップの配送をそのころ私が担ってて、新春号郵送のタイムリミットの夜なべ仕事時に年末回顧再放送を見たのだった。最後バッターはどうなったとかピンチヒッターがどうとか書いてるけれど、今更ネタバレということもないだろうから、約10年も前のその日記を再掲する。記憶を辿ると当時わたし的に一番のキモだったのはピンク字のところ。ダジャレではなくて、打者の調子から「あたる」しか無いと思ってたら本当に「あたり」驚いたのだった。



2009/12/29 (Tue)のblogから
この年の瀬にきて夜なべ仕事をするとは思ってなかったのだが、MySkip新春号発行の雑務が残っていて、昨夜やるしか手がなくなったので、しょうがないので深夜に一気に片付けていた。 年末特集で、この日は深夜のNHKテレビで今夏の高校野球の決勝戦(日本文理vs中京)を完全再放送するというし、仕事自体は単純な手作業なので、BGM替わりにして見ることにした。
夏の日本文理はほとんどの試合を見ている。投手戦を制した準決勝の県岐阜商戦が「これ以上の勝ち方はない」というほどの見事な勝ち方で、個人的には一番のベストゲームだと思っていたが(再度見るならこちらのほうを実は見たかったのだが)、9回二死から驚異的な反撃をした決勝戦のほうが一般的には注目を浴びるのだろう。最後が痛烈なサードライナーなのもそうなのだけど、四番打者の凡ファールフライで万事休すのはずが信じられない落球、(あまりあたっていなかったバッターだけに、さすがにここで終わりかなと思った直後に)デットボールがあたって命をつなぎ、土壇場のあの場面でのピンチヒッターはきついだろうに初球をいきなり快打するなど、相当にドラマチック。事実は小説よりも奇なりとはよくいったものである。
あまりに劇的にすぎたため、結末もわかっているわけだし…(ダイジェスト版でそこのところは何回も見ているしつまるところは負けるわけだから…)などと最初は思っていたが、最後はやはりひきこまれる。
8点目のホームインは、言われないと見過ごしていまいそうだが、かなりのクロスプレイで絶妙のベースランニング。朝日(だったかな)新聞の特集でその好走の舞台裏に触れていたのを読んでいたが、その直前に相手左翼手が守備固めの選手に交代していたことは今回はじめて知った。どうりで好返球が帰ってくるわけだ。ダイジェスト版では出てこない、そういったところに惹かれます。

 | ホーム | 

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR