アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

アトリエZen 展覧会案内
infomation

どうぶつアート展併設の喫茶室で同時開催/野坂衣織展
6月24日(水)~7月5日(日)/於:maison de たびのそら屋
https://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-
category-1.htm
l


長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~6月14日まで:三上喜貴 〓終了しました〓
現在/6月15日~8月23日:髙橋ノリユキ(写真) 〓展示中〓/ウィルス対策で営業時間の変更があります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.35/5月14日~7月31日舟見倹二+外山文彦
展示案内
展示作品リスト・展示風景



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


表が裏に裏が表

午前中に書いていた堀内正和「坐忘録」について何気なくいま検索かけたら、都内のギャラリストのかたが書いたと思われるblog記事がひっかかった。
https://gemart.exblog.jp/604880/

作家夫人が語った、「表が裏になり、裏が表になり、生が死になり、死が生になる。堀内が創りだしたおかしな形も、荘子の思想からきている」という言葉は興味をひくもので、同時に、この“坐忘録”の復刊希望者を募っていて300人集まれば美術出版社から復刊されるというのにもそそられたが、日付をよく見たら2006年2月2日の投稿。15年も前の話だった。

(2020.05.24 pm23:30)

坐忘録なる書籍

先日記した「美術手帖を並べる」という霜鳥健二さんのインスタレーションは、例えばこれが美術手帖ではなく別の雑誌を並べたのでは単なるコレクションの披露であって、アートではなくて「よく集めましたね」で終わってしまうから、なぜこれが面白いかと考えていくと美術手帖という媒体の特殊性や時代性といったキーワードに行き当たる。
私自身のことでいえば、たぶん世代的なこともあるのか手帖への意識は少し違い出していた気もするが、まぁいまの大学生あたりだと想像もつかないかもしれぬと「美術を志すものからバイブルのように読まれていた」時代があったと書いたわけだ。その昔、大学教員をしていた彫刻家・堀内正和は「(教えている学生たちは)教師の言うことは聞かぬが美術手帖の言うことならよく聞く」とたしかエッセイにしたためてたはず。そんなことまで頭をよぎり、手元の著書を書棚の奥から取り出してみる。約50年も前、1972年1月に当の美術手帖に「坐忘録」と題して掲載された短文に記されていた。

その「坐忘録」がそのまま書名になった400ページを超える大著(エッセイ&彫刻論集)を買い求めたのは、 その72年ではなくもっとずっと後のことだが氏が再び(みたびかもしれないが)美術手帖にエッセイ連載していた年があり、私が学生の頃でリアルタイムで読んでいたから。「なんて面白い文章なのか」とそのころ毎月(本来気にすべき特集よりも)楽しみにしていて、本になると聞いて買ったのだった。 氏の彫刻も好きなのだが文章も好きで、古い記憶は定かでないから「おそらく」だけれど、彫刻よりも先に文章のほうに魅かれたのだと思われる。オチの付け方に特徴がある。

名著なのに絶版入手困難の本は、まだ付いている帯はボロボロだけれど形をかろうじて留めていて、そんなさまを撮って画像を貼ってみた。愉しみながらやったけれど、でもどうみてもこれは単なる「コレクションの披露」であって霜鳥さんのようにアートに昇華されたものではないよねと、そんな当たり前のことに気づくのであった。
15-100b.jpg
     15-097b.jpg
     15-098b.jpg
     15-099b.jpg
坐忘録 オフザケッセ&クソマジメレクチャクチャ/堀内正和著・美術出版社

 | ホーム | 

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR