アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

02<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>04


外山文彦作品記録集(2020年編集版)_2020年10月発行/
郵送にて販売中です
詳細↓
https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5768.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation

エックス展 次回第11回展のお知らせ



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
3月1日~5月9日:頓所康則展(ペン画)〓展示中〓
/ウィルス対策で営業時間の変更がなされる場合もあります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.38/~2021年3月4日:高木秀俊
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


Witness for the Prosecution - さらに検察側の証人


Witness for the Prosecution [Blu-ray] [Import]

録画していた英BBC制作版「検察側の証人」の後編をようやく観た。
一週間前に「またも検察側の証人」と書いたからそれ以上blogにする気はなかったけれど、前編の陰鬱なムードは後編でさらに拍車がかかり、なんだこれはという感じだったものだから、「さらに検察側の証人」と記すことにした。岡本太郎が「なんだこれは」と言うといい意味の驚きになるけれど、こちらは、うーんちょっとこれはあまりにもというネガティブなほう。アマゾンにこの英BBC版が輸入盤ブルーレイで出ていたので上に貼ってみたが、英国のひとはこうした雰囲気を好むのかしらとちょっと見たところ、英文のレビューにも酷評が目立っていた。

当日のテレビ欄に記されていたキャッチコピー「まさかの結末」は(映画版での結末を知っていたものにも)たしかに「まさか」だったけれど、よく出来た推理小説のいわゆる知的興奮を覚える「まさか」とは相当異種なもの。結局、結論としては、このドラマは推理モノとか法廷劇とかと考えちゃいけなくて、人間の心の歪みとか闇とかを抉り取るように人物を描く、そうしたドラマだと受け取るべきなのだろう。いくら改定されるにしても本質は良質なミステリーだろうと期待していたものだから、私には大きく期待外れのまさかであった。
1957年の映画版では脇役だったある人物は前編で妙に存在感持たせ、まるで真犯人とミスリードさせるかのように描かれていたからその理由が(オリジナルストーリーとして)後編に出てくるとは予想していたが、まさか冤罪で処刑され、そのシーンまで出てくるとは思わなかった。映画版には登場しないキャラクターの猫ちゃん(被害者の飼い猫)はまさかの溺死をさせられ、後編で明かされる弁護士のこともまさかのドロドロ。後味が悪く、終わり間際に「なんだかこれってぜんぶドロドロだね」とつい呟いたら、主人公のその弁護士がドロの中を歩くラストシーンがちょうど出てきた。うーん。
ビリー・ワイルダーの1957年の映画は名作なだけに、残念。

新定番のヒレかつ盛りと頓所康則作品

16-150a.jpg16-151a.jpg
長岡小嶋屋CoCoLo長岡店から。先週から頓所康則作品を飾っています。

展示案内https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5854.html
展示作品リストhttps://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5866.html


16-148b525.jpg
ヒレかつ盛り~おろしポン酢添え~。旬の一品料理、新定番とのこと。前回の展示入れ替え時には無かったpopだと、展示作業時に目に入っていた。


15-783b800.jpg

↑ クリックすると大きくなります 

今週の旧長岡現代美術館

16-156a.jpg
16-157a.jpg

今週の旧長岡現代美術館。
とは書いてみたものの、もう建物自体は解体され跡形もすっかりなく、美術館だったと言ってもピンとこない。

文具店での角屋幸作品展示

2019年からエックス展に参加している角屋幸さんの書作品が長岡「文具館タキザワ」で飾られていると聞いていたので、昨日観に行ってきた。2階建て文房具店の階段踊り場を使っての展示。3月31日(水)までとのこと。

また角屋さんは3月21日(日)から開催するエックス展のvol.11にも出展します。(踊り場にはこの案内チラシ↓も置いてありました。来場時にはお受け取りをどうぞ。)
16-117b525.jpeg

画像は全く違う場所で


とある20代若手作家の展覧会を期待して観に行ったら既視感のようなものがあり、フェリックス・ゴンザレス=トレスを思い起こした。画像は全く違う場所で特に意味もなく、ガラケー付随の携帯カメラにて。

 | ホーム |  »

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR