アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05


外山文彦作品記録集(2020年編集版)_2020年10月発行/
郵送にて販売中です
詳細↓
https://atelier-zen.jp/toyamasassi.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2024年1月8日まで:舟見里留

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.53/~2023年12月17日まで:中川采花 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
https://atelier-zen.jp/


偶然の殺意と二つの罠

久々に書店に立ち寄ると面白い発見もあるもので、ミニフェア的に中町信が並べられているのを見つけた。著作はほとんど絶版となっていた物故作家だが、どうやら徳間文庫で何冊か復刊になったらしい。数年前に創元推理文庫が「模倣の殺意」と改題して復刊したら40万部近くを売り上げる大ヒットとなったから、傍目にみると二匹目の泥鰌はいるんやろかといったところになるのだろうか。


さてその徳間文庫で復刊の「偶然の殺意」でちょっと驚いたのは、帯にネタバレ的な一言がキャッチコピーのように書かれていたこと。「プロローグの独白すらも罠」とあって、買う前にこれ知らせていいわけないよねと咄嗟に思ってしまうレベルである。徳間書店のサイトにも(この作家は)叙述トリックの名手とあり、叙述トリックが多いことを知っていたから、はは~ん、冒頭のプロローグで「私は…」と独白してても読者が思う“私”は著者の意図する“私”とは違うんだなと、そこにトリックがあるんだなと、まぁ頭に浮かぶわけである。 この一言でお里が知れた気がして、たまには衝動買いの文庫本というのもいいかなとなっていた気分は、その瞬間まったく失せるにいたった。

だから、帯見ただけで読んではない。読んでないことを書くってのもねぇと思いつつちょっと検索してみたら、同書を140字書評していた「緑」さんのTweetが、その帯の写真入りで出てきた。
https://twitter.com/st0_vu/status/1267338299657478146
それによると叙述トリックではないらしく私の読みはすっかり外れていたけれど、「模倣の殺意が好きな人を狙った徳間文庫の罠」だとする一文を面白くみた。なるほど。模倣の殺意は好きであるが、その罠には嵌らなかったのである。

 | ホーム | 

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR