アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07


外山文彦作品記録集(2020年編集版)_2020年10月発行/
郵送にて販売中です
詳細↓
https://atelier-zen.jp/toyamasassi.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2024年1月8日まで:舟見里留

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.53/~2023年12月17日まで:中川采花 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
https://atelier-zen.jp/


字数を揃えた言い方と誇大表現

16-374.jpg


打合せでYさんの事務所に行く。そのとき、テーブルの片隅に置かれていた「いけない」なる本がふと目に留まった。
何がいけないのかそんなのはわからないが、「ラスト1ページが暴き出すもうひとつの“真相”」と記された帯に、最近の本の帯って誇大表現があるからそのまま信じちゃいけないよねなんて世間話をしながらこれは面白いのかどうかと尋ねてみた。「(どうせ古本100円でもう読んだから)興味あればあげるよ、持ってってよ」と言われ、私も読み終わったらこうしたラスト1ページどんでん返し系が好きなKさんにさしあげればいいと、いただいてきたわけだ。本は天下の回りものみたいである。

まだ読んでないから書評めいたこともできないが、目次見たら章立てが、
1章「弓投げの崖を見てはいけない」
2章「その話を聞かせてはいけない」
3章「絵の謎に気づいてはいけない」
終章「街の平和を信じてはいけない」
となっていて、その字数を揃えた言い方になんだか興味はそそられてはいる。
 


さて本の帯の誇大表現については、少し前にたまたま笹沢佐保を買ったあと、アマゾンでいくつか同氏のものを調べていて帯付画像の↓を見つけていた。書くのは勝手だけれど理由抜きに「この本とにかく読め」なんて派手に言われちゃうと、白いかどうかは知らないけれど悲鳴も出ちゃいそうだよね。出るのは白いタメ息なのかもしれないけれど。
 

小山まさえ展(&ブナ額とのコラボレーション/にいがたどまんな館)

16-072.jpg   

見附市の木工会社「昭和木工」のショールーム“にいがたどまんな館”でおこなう、同社オリジナルの「ブナの額縁」を使っての展覧会シリーズ。6月・7月の2か月は新潟市在住画家・小山まさえさんの絵画7点を展示します。
先のblogおよび以前制作した案内DMでは6月5日~と記してますが、昨日一気に展示作業を完了させましたので既に閲覧可能です。
16-377.jpg イスタンブールのバザールにて

にいがたどまんな館&アトリエZen vol.02
小山まさえ展
会期:6月5日(土)~7月31日(土) /10:00~16:00
会場:にいがたどまんな館
見附市葛巻2-5-23 昭和木工(有)敷地内
(「ここは新潟県のどまんなか」と書かれたガスタンクの隣です/駐車場完備)
tel.0258-62-4668 (昭和木工)
展示企画:アトリエZen

■作品の問い合わせ→【アトリエZen (メールフォーム)
   ブナ額付きで作品の販売にも対応しています


小山まさえ/長岡市生まれ
1988年新潟県「芸展」入選。90年新潟光風会展入選。92年新潟二科展特選。 93年現代童画展奨励賞、96年サロン・ド・メ・フィナール国際美術展選考委員会賞など入賞入選多数。 2000年長岡市ギャラリーZenから個展での発表を始め、以降、新潟市Kaede Galleryなどで個展を中心に作品発表。新潟市在住。
※小山さんの作品は長岡のベーカリー「ラ・ボントーン」でも現在展示中(7月18日迄)。こちらではガラス絵を交えての4作品。

16-379b.jpg 16-375b850.jpg
16-163b.jpg
16-243b.jpg

にいがたどまんな館/道路沿いに建つ小さなショールーム

 | ホーム | 

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR