アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10


外山文彦作品記録集(2020年編集版)_2020年10月発行/
郵送にて販売中です
詳細↓
https://atelier-zen.jp/toyamasassi.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2024年1月8日まで:舟見里留

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.53/~2023年12月17日まで:中川采花 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
https://atelier-zen.jp/


まるい病院の屋上から/立川晴一絵画展

展覧会は終わり記事のindexも一昨日にアップしたところであるが、生誕100年記念立川晴一展から。会期中に載せられればよりよかったのだろうけども、後日談的に。
16-554b.jpg

今回の展覧会では、特徴的な円形建物「初代立川病院」の屋上から描いた油彩風景画の出展もあり、会期中blogには「関連資料として(昭和31年建築のその初代立川病院の)通称“まるい病院”の写真パネルを作った」と載せていた。でも当該作品のほうは(よく見るとそのとき背景に小さく入れ込んではいるが)直接アップしてないからと、ようやく今日になってあげてみたわけだ。当時のままのクラシックな額におさめられた、「まるい病院の屋上から」と題した油彩作品である。特別な作品であることをまるで示すかのように、この作品だけ、作家が使っていたイーゼルに掛けての展示とした。

この作品には上の画像にもちょっと写りこんでいるように、私の記した解説文を会場に掲示しており、その末尾は
「…(円形病院の屋上から)信濃川下流方向を望み水道タンクの他、2019年に解体された表町のカトリック教会の旧建物が、教会の正面に施されていた高さ10m近くの聖マリアのモザイク画とともに大きく描かれています」
と絵の内容を書いて結んでいる。 記している教会建物解体はその解体工事現場を目撃していた(blogにも載せていた)から、いつの事かもすぐわかったのである。会場では“まるい病院”を懐かしむかたが勿論多くおられたがカトリック教会にも同様の声はあり、まだ一昨年のことだから「えっ、無くなったの?」と反応されるかたもけっこういたようだ。ちなみに書けば、画面右下に描かれた建物外壁は互尊文庫のそれである。

まるい病院については、なぜこの年代に長岡で異色ともいえる円形建築が出来たのか。今回の立川晴一展にたずさわり立川晴一氏の考え方などいくつか知ることができたので、建築にたずさわる知人とも意見交換しながら興味深い仮説をたてている。面白く思っているものの仮説は仮説だし、今のところ特に文章で発表する予定はない。昨年末で終刊となった月刊マイスキップはこうしたネタを書くのにまことによいメディアだったから、まだ存続してればきっと何か書いたのだろうけれど。

ミックスダブルスなるもの

16-558p-b850.jpg
新聞テレビ欄によると「カーリング混合複日本代表戦北京五輪世界最終予選代表選考」となんだか長々した名称だけれど、要はカーリングのミックスダブルスの日本代表決定戦。17日から大会が開催されていて、昨日の午後の部をテレビ観戦していた。ミックスダブルスなるものを観るのはこの大会が初めてである。

実は一昨日もこの大会を仕事場のテレビに流してはいたが、他の仕事をやりながらだとそうきちんとは見れず、だから、ところどころ見ては「なんだかハウスにストーンがやたらに溜まる、あんまり見ることのない試合してるな」なんて思っていた。 カーリングを初めて見た7年前「真ん中に入ったらいいんだろう程度」の認識だったと同様にミックスダブルスのこともよく知らずにいたからで、「(4人でチームを組むところ)男女のペア2人組になるんだろう」程度の認識しかなかったわけだ。
通常の(4人制の)カーリングとはルールも変わるところがあって、結果、ストーンは溜まりやすい方向になる。すなわち点数の動きも4人制より激しい。 そのルールの違いについて、わかりやすかった神奈川県カーリング協会のページを貼ってみました。
http://kanagawacurling.blog.fc2.com/blog-entry-227.html

 | ホーム | 

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR