アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09


外山文彦作品記録集(2020年編集版)_2020年10月発行/
郵送にて販売中です
詳細↓
https://atelier-zen.jp/toyamasassi.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2024年1月8日まで:舟見里留

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.53/~2023年12月17日まで:中川采花 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
https://atelier-zen.jp/


原稿の締切と15年前の原稿

原稿の締切に追われるなんてことは、マイスキップの仕事を終えてからはそうそうあるものではないが、昨日10日は、とある仕事の「もう延びない」最終の原稿締切だった。で、昨日一昨日あたりは“追われてる”感満載。ギリギリになって取り掛かったというのもありはするけれど、途中で方針を修正したり思いのほか時間がかかって、急な変更に夜なべ仕事なんてのも入ってきてなんとも久々。

無事に入稿を済ませすっきりした気分で、いまほど原稿締切は「もう延びない」と書いた。逆に言えば「のびる」性質もあるにはあって、そんなことをマイスキップの連載コラムに書いたことをふいに思い出したからだ。もうリンクも貼らない古いblogを検索したらその頁があり、書いたのはキリよくちょうど15年前で2007年の8月号。キリがいいし最近あんまりアップしてないのでblogに貼ってあった当該コラム前半部分をコピーしてみた次第。下記。
因みにそこに記されている漫画「喰いタン」は「将太の寿司」など料理漫画で知られる寺沢大介氏の作。そういえばテレビドラマにもなり、漫画は面白いがそれに期待して見たテレビドラマはダメ(面白くない)だったと、そんなことも別のコラムに書いてたかもしれない。


アート日和第42回/2007年8月号より]
このコラムも本稿が42回目。ふと気付くと3年半もの長期連載となっているから早いものだ。
慣れというものは恐ろしいもので、連載開始当初は2~3ヶ月前からテーマを考えておき余裕をもって入稿していたものだが、回を重ねるうちに"締め切り"に追われながら書くことが多くなった。今回も本来は先週はじめに仕上げておけばよかったものを油断していたら、週の中頃から展覧会の搬入展示やら秋の新規企画の調整やら何やらと予想以上にたてつづいて時間がなくなり、編集Iさんからの催促メールにドキドキしながら最終締切の前夜に一気に書き上げた。ギリギリ間一髪セーフといったところか……
とは、5月23日に書いた筆者ブログ(日記)から。先々月号でテクノポップの太田裕美を書いたときの裏話を記したものであるが、困ったもので先月も、さらには今月も同じような状況に陥っている。
余談だが、「締切」というものはゴムと同じで伸ばせば伸ばしただけ伸びるという便利な性質を持つと、漫画「喰いタン」に出ていて思わず笑ってしまったが、限界に達した瞬間にいきなりバチンと切れてトンデモなく痛い思いをするところもまったく同じ。恐ろしいことである。
さて、今月は出展する展覧会が2つある。奇しくもどちらも‥‥ と、このあと原稿はアートコラムっぽく方向を微妙に修正して続けたのだが、以下は省略。

 | ホーム | 

カレンダー

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR