アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09


外山文彦作品記録集(2020年編集版)_2020年10月発行/
郵送にて販売中です
詳細↓
https://atelier-zen.jp/toyamasassi.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2024年1月8日まで:舟見里留

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.53/~2023年12月17日まで:中川采花 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
https://atelier-zen.jp/


ちむどんどんとの偶然の符合

NHKの連続テレビ小説なる朝のドラマを見る習慣はなく、いま放送中の「ちむどんどん」を見たことが無い。黒島結菜さんが主演というのは知っていたもののイタリアンレストランが舞台とか料理人が主人公とかを割と最近まで知らずにいて、だったら見ておきたかったなとそのとき思ったのだが、ドラマの評判はなんだかすこぶる悪いらしい。

黒島結菜さんといえば、別に自慢でも何でもないのだが最近“とあるきっかけ”で思い出したから書いちゃうと、彼女が子役時代に出演したテレビドラマのDVDボックスを持っている。まぁ出演したといっても全11話のなかの1回、ほんの数秒のチョイ役。「別荘でケータリングを頼む家族の孫・1」というもので役に名前は与えられて無い。ただ「次の料理も楽しみ~」といったセリフ一言は与えられていて、だからだと思うがエンディングロールには黒島結菜と記載がある。クレジットの類を念入りに見る癖があるのであれ?と気付いたわけだ。
約10年前のドラマだから中学生くらいのころとすれば該当する役は他に無く、そう言われれば面影もあるねとすぐわかる。まぁセリフはあっても映るのは一瞬、言われなければまずわからないだろうけれど。

自慢にもならないからこんなことはすっかり忘れていたのだが、デザイナーのYさんが自身のblogに時折黒島さんのことを書いていてどうも注目しているようだったから氏との打ち合わせの際、雑談で女優黒島結菜の話をしてたらそういえば子役時のDVDを持ってた云々と急に思い出したのである。
18-378.jpg
これがそのドラマ「dinner」。日本のテレビドラマをDVDで買う趣味は無く、唯一持っているものになる。リアルタイムで(序盤第3話くらいから)見ていたドラマが面白くて、割と近年になってからアマゾンあたりで偶然見つけたのを機に、再度見たくて買い求めたんだと思う。

ちなみにこの「dinner」もイタリアンレストランが舞台で、「ちむどんどん」と同じなんですね。偶然だけれど面白い符合。
ただ、ちむどんどんは(見たこと無いからネットでの断片情報や知人からの話の受け売りになるが)調理シーン等々あんまり出て来ないらしく、あるいは出てきてもそんなに凄いものではないらしく、ほとんどレストラン店内と厨房とを舞台としたdinnerとは相当異なる。
dinnerは有名イタリアンのオーナシェフ(風間杜夫)が倒れその娘(倉科カナ)が支配人として右往左往するところから始まり、だからスタートはシリアスなのだが次第にコミカル色を増していく。アンジャッシュのコントを彷彿させるような回もあってコメディとしても面白くみれていたのは、そもそもの調理シーンやホールの接客シーンといったものが本格的で、リアルで支えていたこともありそうか。ちむどんどんへのネガティブ意見を目にしてたらそんなことが頭に浮かんだ。

 | ホーム | 

カレンダー

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR