アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11


外山文彦作品記録集(2020年編集版)_2020年10月発行/
郵送にて販売中です
詳細↓
https://atelier-zen.jp/toyamasassi.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2024年1月8日まで:舟見里留

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.53/~2023年12月17日まで:中川采花 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
https://atelier-zen.jp/


ギャラリー湯山の風景


20-051b.jpg
最終企画「FINAL」展開催中のギャラリー湯山の光景を。

閉廊までに都合つけられる日となると残すは昨日だけだったからと、昨日の日曜はギャラリー湯山まで。FINAL展2回目の訪問となる。
閉廊といっても建物自体が取り壊されるわけではなく、建物は大地の芸術祭のNPOが所有しているから今後は芸術祭などで活用されると思われる。だから殊更に感傷的になる必要もないのだが、 長文の取材記事を書いたりこの「場」の特性を活かすべく私自身企画発案した展覧会もあったりで思い入れがあるし、運営形態が今後変われば雰囲気なりもまた違ってくるからと、最後と思って行ったわけだ。
その当方の企画発案、昨年の「巳巳展×外山文彦展」で写真をたくさん撮っているからと、今回写真におさめたい気持ちはそう無かったけれど、何気なくもシャッターを押していた。ただ2階については、巳巳展では展示意図から襖部分が「黒く塞がれた(会場で見えなくされた)」ので、その襖は意図的に写している。
20-053b.jpg
20-050b.jpg
「A4の紙一枚」なるテーマの作品ゾーン(↑)。A4の“紙”が板壁に貼られている。

20-057.jpg


■ 和室2部屋がある「2階」
20-049b.jpg
20-048b.jpg

エールタイプのビール

20-054b.jpg
エールタイプのプレミアムモルツは好きなビール。限定出荷とか限定デザインだとかの表記を目ざとく見つけ、買い求める。

ギャラリー湯山の現在の座標

ギャラリー湯山、FINAL展開催中。

20-042a350.jpg


ギャラリー湯山については、6年前に長岡の情報紙にて特集記事を書いています。
●地域情報紙「月刊マイスキップ」 2017年4月号(通巻第195号)、 特集「ギャラリー湯山 現在の座標」

ギャラリー湯山代表の前山忠さんへのインタビューを基に記事化したもので、webにはこれまで掲載されてないこと、およびその貴重性を鑑みて、閉廊のこの機会にアップしておきたいと思います。
(下記画像はクリックすると拡大します。pdfにして載せたかったのですがこのblogは非対応なため画像化での掲載です。記事中の写真はサイズダウンさせてるため、実際の紙面とは違って不鮮明さがあります。ご了解のほど)

20-046b1500s.jpg20-045b1500.jpg


先日掲載した、展覧会場内の「挨拶文」に、
ギャラリー湯山は2006年の『大地の芸術祭』での『空き家プロジェクト』において古民家を『湯山の家』として再生し、2012年から(県内美術家を中心に組織した運営委員による企画で発信する)ギャラリーとなった
とあります。2017年のこの記事は運営開始から5年目の時点となり、当初「5年間運営する」という約束でギャラリーがスタートしているため、つまり第一期の総括という意味もあります。

海風と800m

20-044.jpg


ギャラリー湯山「FINAL」展の記事を2回続けた。
同ギャラリーは当地から車で1時間半の位置にある。昨年の企画「巳巳展×外山文彦展で何回も行き来した際の車中BGMはあいみょんGoose houseだったけれど、今回は70年代の「風」のベスト盤CD「Old Calendar-古暦-」となっていた。先の柴山明子+外山文彦展での高崎への行き来は新しく中古で購入した風「moony night」だったから、どうもここのところ70年代伊勢正三が続いている。

当時の、1977年の風のライブがYouTubeのお薦めで出てきたからと下にリンクを貼ってみる。当時のライブ映像があるとは知らず、しかも「海風」という好きな曲だったものだからちょっと驚いた。
https://www.youtube.com/watch?v=9mJqRZfatzs
海風(Live)風」という簡潔なタイトルには、いまの大学生くらいの年代だと「海風」が曲名で「風」はグループ名称だとわかるかな、逆にとらないかな?なんて思ってみた。いちおう書いておけば風は伊勢正三と数年前に故人となった大久保一久との、一世を風靡したユニット。


YouTubeネタでもうひとつ書けば、先週見ていたのが国体の陸上女子800m、決勝。
https://www.youtube.com/watch?v=2bPxmNMVfgc
陸上の中距離は面白いし好きなのに、テレビはまともに取り上げないからユーチューブさまさまである。ここに出てくる塩見綾乃選手は大学生時に出場した「(過酷な)男女リレー」の走りを見て、注目しているランナー。駆け引きせず最初から果敢に走るのが特徴である。一方、田中希実選手は最初ゆったりと入り、力を溜め後ろから一気に抜くというスタイルで、正反対の2人の(事実上の)対決はなかなかのもの。

FINAL展/掲示されていた挨拶文


ギャラリー湯山「FINAL」展から。
会場内にギャラリー運営委員一同の名前で書かれた挨拶文が掲示されていたので、そちらを。
20-039b850.jpg

FINALが開催中



ギャラリー湯山では10月7日から、閉廊の最終企画である「FINAL」展が開催されている。 私は高崎での企画があった関係でまだ観に行けておらず、今度の日曜(22日)に行く予定としている。

まだ行ってない(し、行ったときの愉しみのためSNSでの情報収集を特にしてない)からどんな展示空間になってるか把握してないが、これまでギャラリー湯山で個展や企画展に参加してきた作家から70名以上の出展とあり、サブタイトルに「12年の歩み」とあるようにこれまでの活動記録なども呈示されてるのだろう。

事前に届いた出品要請によると、作家の出品内容はギャラリーが4つ設定したテーマのなかでの選択となっている。そのなかには「自由テーマ(自由に表現)」というものもあるから、作家によってはふだん作られている作品を出されるかたもいると思うが、私は「A4の紙一枚(で表現する)」なるものをセレクトした。
そこには「ギャラリー湯山へのメッセージとしてもOK」と但し書きがあった。今年おこなわれた渋谷の画廊喫茶での「30周年記念絵手紙展」では、純粋な「作品」として出展されたかたもいれば画廊へのメッセージをメインにしたり、画廊をモチーフに作品化されたかたもいて、そうした多様性が愉しかったのだが、今回もそんなイメージなのかもしれない。
ちなみに私の出展は、ギャラリー湯山に自分なりに関係づけての「写真」とした。 和紙にインクジェットプリントで、「View through the slit at Gallery YUYAMA」とタイトルを付けた。上の画像はその一部分、簡潔な言葉を入れている。


<ギャラリー湯山 企画展No.30>
FINAL - ギャラリー湯山・12年の歩みと現在
/ 11月5日(日)まで土・日曜・祝日の開催
※最終日は14:30~エンディングイベント、エンディングパーティと続きます。静かに佇みながら展覧会に浸りたいというかたはその前に見られるのがよいと思います。

展覧会とは関係なくて

20-032b.jpg
今後雑感的な追記もしようとは思ってます…と先日書いていながら、追記の第一番は展覧会とは関係なくてカツサンドの画像となった。

柴山明子+外山文彦展では高崎滞在が数日間あり、だから事前に宿泊先の廻り、徒歩や簡単に車で行けそうなゾーンをグーグルマップで眺めていたときがあって、見つけていたのが「かつサンド工房」なる表示。そんな工房があるのか??とチェックしてあったからと、ある日の食事にしてみた。
かつサンド工房 PANTON。雑誌やテレビでも取り上げられる有名店らしいことは、後から知った。群馬は養豚がさかんという意識も無かったけれど、先にはトンカツパスタをあげてたりしてどうもトンカツが続いたよう、

下はいただきもので、前橋・パティスリーフラヴールのカステラ。一番下は「柴山明子+外山文彦展」からの一枚。
20-033a.jpg20-034a.jpg
20-036b.jpg

 | ホーム |  »

カレンダー

09 | 2023/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR