アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12


外山文彦作品記録集(2020年編集版)_2020年10月発行/
郵送にて販売中です
詳細↓
https://atelier-zen.jp/toyamasassi.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2024年1月8日まで:舟見里留

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.53/~2023年12月17日まで:中川采花 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
https://atelier-zen.jp/


テロップにはモネだけと

昨日の話。居間で点けっぱなしのテレビが通りがかりに眼に入り、何気なく見たらテロップに「モネだけの展覧会、10年以上ぶりの開催」とあった。上野の森美術館で開催中のモネ展のことで、朝の情報番組で一コーナー設けられ、紹介されていたところを見たようだ。

「モネだけの展覧会」と見た瞬間、ん?でもモネ展は6~7年前に大規模なものをやってるぞと違和を覚え、そこで書棚から取り出してきたのは当該展覧会のカタログ。2015~16年に東京・福岡・京都・新潟の4か所で開催された「マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展」である。
20-093b.jpg
取り出しついでに写真にまで収めたけれど、モネ「だけ」なる記述の謎はカタログ開いて3秒でわかった。出品作品のリストの一番目に、当時とりわけ親しくあった(と言われている)ルノワールが油彩でモネを描いた肖像画があるからで、他にもこの2015~16年のモネ展では収集家としての顔に焦点をあて、モネが収集した作品も紹介されている。
だから「モネだけ」というのは「モネ〈が描いた作品〉だけの展覧会」のようで、決して間違いではない。けれど、美術展企画上からしたらちょっと腑には落ちないところ。展覧会の切り口がどうとかこの際無視しちゃって、一般への広報に「10年以上ぶりの開催」というキャッチコピーを入れたかったんだなと流石メディア主催だと、そんな感想にいきつく。まぁ運営する以上は集客は肝心だから批判しているわけでもまったくなくて、いちおう書けば、いまの時世をよくあらわしているように感じている。
ちなみに「100%モネ」とさかんにされている広報に、もう10年以上前の「100%セザンヌ展」を思い出した。

モネ 連作の情景
東京展は「産経新聞創刊90周年・フジテレビ開局65周年事業」
会期 2023年10月20日(金)~2024年1月28日(日)/上野の森美術館 【詳細
2024年2月10日(土)~、大阪・中之島美術館に巡回

 | ホーム | 

カレンダー

10 | 2023/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR