アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01


外山文彦作品記録集(2020年編集版)_2020年10月発行/
郵送にて販売中です
詳細↓
https://atelier-zen.jp/toyamasassi.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2024年1月8日まで:舟見里留

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.53/~2023年12月17日まで:中川采花 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
https://atelier-zen.jp/


本年はこれにて

年末はなんだかんだと慌ただしくなるもので、毎年やっている「年末の当年回顧シリーズ」はそういえば最後大晦日になっても書いてたなと見てみたら、2018年以降5年も連続してそうだった。2020年は「30日31日の2日で(年末回顧の)4記事アップすることになった」なる1記事を大晦日に更に追加してたり、背景はそれぞれあるんだけれどもまぁ粘るよね。
今年はそこまで粘ることを止め昨日記した「vol.03」で終了し、blogのほうもこれにて最後とします。それでは、よいお年をお迎えください。

(2023.12.29 am7:00)

2023年回顧-03 今年のアトリエZen企画展

2023年回顧シリーズの最後として、その「03」。アトリエZenの企画展。それぞれ簡潔にindexとして入れました。詳しくはリンク先を参照ください。
また高崎での「柴山明子+外山文彦 展」ではヤフーニュースに取り上げられました。ライターのかた(asagiさん)の資質もあるのでしょうが丁寧な取材で、こうしたかたちで記録されてとてもよかったです。ちなみにヤフーニュースへの登場は、私の把握する範囲で書けば(横浜での展示を報じた)神奈川新聞の記事が転載された7年前以来です。

19-118b800.jpg

print works― 舟見倹二+外山文彦 展
2023年5月13日~23日/会場:ギャラリー沙蔵 1階 (長岡市)
展覧会記事
舟見倹二+外山文彦 展 website
特別企画/2階喫茶コーナー併設:
舟見倹二の油彩作品 1949-





19-317b650s.jpg

柴山明子+外山文彦 展
2023年10月1日~14日/会場:ギャラリー空華 (群馬県高崎市)
展覧会記事
柴山明子+外山文彦 展 展 website

2023年回顧-02 今年のレビュー

昨日に続き年末の当年回顧シリーズで、その2。年末回顧シリーズでこれまでやったこと無いが、今年blogに記した展覧会レビュー(的なもの)をindexで。レビューであれば本来は違う書き方をすべきものもあるから、あくまで「的なもの」である。3年前に「今日のレビュー」なるカテゴリーを加えているが、言うなれば「今年のレビュー」となろうか。
展覧会に行ったら何か文章を残せばいいのだけど、全て書くわけでもなく、そのときどきのタイミングもあるから数は少ない。書きたくても時間切れでアップできなかったりもあったよなと思いつつ、来年はもっと書き残したいものだとなんだか新年の抱負(的なもの)。

今年のレビュー
2023-02-13 長岡造形大学2023年卒業・修了研究展
2023-02-16 長岡造形大学大学院博士後期課程修了作品展(新潟県立近代美術館ギャラリー)
2023-05-04 3通の手紙 (print room 手紙)
2023-06-19 石川雷太展 (ギャラリー湯山)
2023-07-20 巳巳個展 「なぜ私ではないものが考えているのか」 (gallery newroll)
2023-11-24「いるね、いたね。」展 (武田ビル)


ところでこれをまとめながら気付いたのは、今年はテレビドラマについて記してないこと。テレビドラマの類はほとんど見なくて年に一つくらい何かの具合で嵌ってしまうものがある程度だから、そう気付いたのは昨年やたらとテレビドラマについて書いたことの反動だろうか。
昨年は、別に面白いとかよく出来ているといった理由ではないのに「ちむどんどん」とか「霊媒探偵」とか数回書いてたし、「アストリッドとラファエル-文書係の事件録」第1シーズンにはすごく嵌っていた。今年はアストリッドの第2シーズンが始まったけれどミステリー部分だけみれば前シーズンほどの鮮やかさはなく、録画の消化もあまりすすんでいない。NHK「ミワさんなりすます」が面白いと後になってからKさんが言って来たが、途中からの視聴はせずに原作マンガのほうを読みだしている。

2023年回顧-01 ギャラリー湯山の閉廊

その年毎に私の企画に関連した「(その年を)回顧する記事」を年末に書くのが恒例になっているが、今年はその第一弾に「ギャラリー湯山の閉廊」を挙げることとした。

厳密に言うなら、私はギャラリー湯山の運営委員ではないから上述趣旨からは違うのだけれど、昨年アトリエZenで企画協力した「巳巳展×外山文彦展」はやはり大きく、思い入れもその分大きいからである。
ちなみに同展では作品搬入出を含め会期中に25回通っていて、他、計画・構想段階での確認と打合せ、開催の半年前に敢行したDM用の現地作品(インスタレーション)撮影も入れると片道1時間半の道のりを計30往復近く。後から数字で見ると驚くが、その時点で閉廊の可能性も知っていたし、近いのではないかということも薄々感じていた。そこまでやることが出来てよかったと閉廊の年に改めて書き留めておきたい。

最終企画としておこなわれたFINAL展についてはギャラリー湯山FINAL展のファイナル」という掲題(2023-11-03)でいくつか書いた記事もindexでまとめているから、ここでは7月に開催された「NOTHING」のindexを。
「今ここにNOTHINGという『在りよう』と表現を求めて17人の作家が切り込む」と謳われた企画展は刺激的で、ギャラリー湯山ならではのもの。私は出展していないが、面白がってもし出展要請があったならば(この難しい命題に)どう対処するかと思考を巡らせていた。急な時間不足で書けなかったこともあったけれど、その一部をblogにしている。

企画展「NOTHING」に関し
2023-06-20 ギャラリー湯山企画展「NOTHING」 案内
2023-06-21 逆説つながりとNOTHING
2023-07-14「“NOTHING”を巡る思索若しくは妄想」からの妄想

長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 2024年前半期の展示案内

長岡小嶋屋CoCoLo長岡店でおこなっている店内展示、
2024年前半期の半期の案内DMです。
20-110b800.jpg

約2か月毎の3展示を1枚のハガキにして制作しています。3つの展示はそれぞれ独立したものですが、今回は「版」技法を使った表現であるという共通項を持たせました。案内文にも「『版=プリント』技法を使った3展示で、版のなかでもそれぞれ手法が異なる3作家」と記載した通り、外山=和紙への染料プリント、舟見=シルクスクリーン、柴山=ジェルプリントとなります。

CoCoLo長岡店 “蕎麦×アート”
vol.832024年1月9日(火)~3月8日(金) :
            外山文彦展 TOYAMA, Fumihiko
vol.843月9日(土)~5月12日(日) :
            舟見倹二展 FUNAMI, Kenji
vol.855月13日(月)~7月14日(日) :
            柴山明子展 SHIBAYAMA, Akiko
定休日/3月にビル設備メンティナンスによる全館休館日が予定されていてその日はお休みとなります。定休日はCoCoLo長岡に準じます。

 kojimaya      


2024年1月8日迄は舟見里留さんの「切り紙」シリーズの作品7点を飾っています 

ご案内/アトリエZenで関わる展覧会 [トップ固定表示中]

 29名の作家による小さな版画展 -Seed Stories 23_24- [長岡展]
2024年1月12日(金)~23日(火)/水曜・木曜は休廊、会場:ギャラリー沙蔵 (長岡市)
 外山文彦展-Landscape-
2024年2月23日(金・祝)〜3月3日(日) /*2/27(火)休廊
会場:Gallery MIRAI blanc (東京・大森)

島倉哲郎作品に替わりました(ラ・ボントーン店内)/作品リスト



ベーカリー「ラ・ボントーン」に飾っている作品を、島倉哲郎さんの油彩画4点に入れ替えました。以下、画像と展示作品リストです。
20-108b.jpg
20-109b.jpg
20-106a.jpg20-107a.jpg

 島倉哲郎 展示作品リスト
 展示案内https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-6996.html
 no.
 作品名
 技法/大きさ(額サイズ)
  1
 三国川ダム眺む  油彩/288×379mm(太子)
  2
 朝明けの十和田湖を臨む  油彩/288×379mm(太子)
  3
 寒 月 - 冬 の 川 原  油彩/288×379mm(太子)
  4
 薔  薇  油彩/288×379mm(太子)
    11-501.jpg

  bonton    

 | ホーム |  »

カレンダー

11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR