アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

01<< 1234567891011121314151617181920212223242526272829 >>03


外山文彦作品記録集(2020年編集版)_2020年10月発行/
郵送にて販売中です
詳細↓
https://atelier-zen.jp/toyamasassi.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2024年1月8日まで:舟見里留

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.53/~2023年12月17日まで:中川采花 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
https://atelier-zen.jp/


長岡造形大学 2024年 卒業・修了研究展

一昨日に記した「長岡造形大学 2024年 卒業・修了研究展」のつづき。“続き”と言っても前回はエントランス外観を載せただけだけど。 そこにも記したように「作品自体の写真は特に撮らない」つもりで会場を廻っていたが、ほぼ最後に行った、大学敷地内ではあるが少し離れた小さな別建物での作品を唯一撮っている。
作者のかたが居て、撮影OK、SNS等あげてもかまわないと直接聞いたこともありはするけれど、この建物の佇まいとも関係づけた彫刻作品がインスタレーションとしての味わいもあって、最後に撮ろうかなと思ったのだった。

21-013.jpg


美術・工芸学科・矢川実侑さんの「再逢一処」という作品。
背景の(および周囲を囲む)書棚は同大建築の平山育男教授が集めた資料や書籍となり、浄土堂と名付けられたこの小さな建物は氏の持つ資料の保管庫としてふだん使われているよう。建物の外観は内部空間とのギャップが大きく、外観にこうした雰囲気は皆無で素っ気無くも見えるから、外から見れば位置的にも大きさ的にも(展示配置マップなり案内表示をつぶさに見てなければ)室内に展示してると気付かず見逃され易いもの。念のため訊くと、卒展の雑踏や賑わいとは一線を課したような静けさのある空間での展示は自身の考え(作品意図)でこの場所を強く希望したとあり、矢張りなるほどである。作品の研究テーマとして「祈りや願いの形 彫刻表現による動物たちの極楽浄土の制作」と書かれていて、浄土堂の“浄土”と結びついているかのようだ。


さて昨年の卒展では「タバコ屋のショーケースの研究」なる私にはドツボの、マニアックな研究があったけれど、そうそうドツボの作品なり研究は出てこないよなと思ってたら写真専攻の学生作品に私が2020年におこなっていたことと同じものがあって、昨年も驚いたけど今年もそれで驚いた。余談的に以下書けば、それは夜間の長時間露光で光を撮影した写真の提示。
2020年TWOOL GALLERYでおこなった一連の企画の在廊からの帰り道が頃合いのいい夕刻で、そのころ嵌って連日撮ってたなと思い出す。わたしは写真専攻ではないし写真自体を提示する気はなかったけれど、一捻り二捻り加えそのころ作品化したものもある。“作品”化となるとそうそううまくいかなくて数は多くないけれど。

(2024.02.13 am7:50記)

 | ホーム | 

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR