アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05


外山文彦作品記録集(2020年編集版)_2020年10月発行/
郵送にて販売中です
詳細↓
https://atelier-zen.jp/toyamasassi.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2024年1月8日まで:舟見里留

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.53/~2023年12月17日まで:中川采花 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
https://atelier-zen.jp/


イップス

ふだんそれほどチェックしてない新聞テレビ欄をたまたま見たら、テレビドラマの新番組に「倒叙式ミステリーコメディ」と書かれているのを見つけた。先週金曜日の話。
ミステリーとコメディが融合するのは古くは「33分探偵」とか「キミ犯人じゃないよね?」とか、好きで凄く嵌るものが多く、刑事コロンボや古畑任三郎に代表される倒叙式のミステリーはまたとても好きなジャンル。ちょっと嫌な予感はどこかしたものの、好きな型ふたつ合わせ技となれば見ざるをえないよねと、録画していたその「イップス」を数日遅れで視聴した。結果わたしにはイマイチだったのだけれど、ミステリーとして視たときの感想なりを少々。

書けなくなったミステリー作家(篠原涼子)と、かつて敏腕の名刑事だったのにいまは「解けなくなった」刑事(バカリズム)が主人公。いわゆる「イップス」な二人の珍(?)コンビが、毎回起きる難事件を解決していくという話。
犯人役に著名な俳優なりタレントがゲストで充てられるのは古畑任三郎と同様。 制作が同じフジテレビで、だからなのかそこかしこに古畑任三郎的ティスト。犯行現場をウロウロしてたりするのも古畑っぽいが、でも警察や事件に無関係な、すなわち部外者のミステリー作家が現場を歩き回ってたりするさまは、管轄外の(=広義で部外者の)刑事連れながらの設定の不自然さが雑に見えてしまい、主人公二人のたたみかけるような会話は“コメディ”の要素なのだろうけど、こちらも上滑り感。トリック的なところもかなりチープ。稚拙に思えた。
一昨年の「霊媒探偵・城塚翡翠」初回も「トリック的にはチープ」と書き、そのときはまだ「面白くなることを期待しつつ」しばらく見るとしていた(結局全話見た)のだけれど、はて今回はどうなりますやら。

熱風が吹いていた

21-165a300.jpg

4月もまだ中旬なのに31℃を表示する気温計。フェーン現象らしい。外は熱風が吹いていた。

(2024.04.15 pm15:00)

長岡アートコレクティブ模様緊急企画展「眼差し」

21-163b.jpg
昨秋長岡に新しく開設されたスペースで緊急企画展なるものが開かれてたので行ってみた。

近藤ビルと大きく表示された雑居ビルの2階が会場。オルタナティブスペースと捉えられそうだが、名称にはアートコレクティブとある。COLLECTIVEは「集団的」「協同体」の意味があり、アーティスト集団であることを前面に出しての運営のようだ。長岡造形大の近年の卒業生がメンバーで、「眼差し」と題した今回の展示のディレクションは若手工芸作家の渡邉葉月さん。

長岡アートコレクティブ模様緊急企画展 「眼差し」
会期:2月24日(土)~4月20日(土)/土曜・日曜のみの開館、 10:00~16:00
会場:長岡アートコレクティブ模様/新潟県長岡市殿町1丁目1-5 近藤ビル2階
出展: 遠藤良太郎/岡谷敦魚/倉持至宏/コイズミアヤ/さかいともみ/さとうゆか/藤井真梨子/堀内彩香/渡邉葉月/ Kanicco Ceramics


上の画像で2階に大きな窓が連続してあるのが見えるがそこが展示スペース。この一連に並ぶ広々した窓の存在がなかなかよくて、これを活かそうと意図した(と思われる)展示もさりげなくなされていた。 ちなみに企画者の渡邉葉月さんは、在学中の展覧会などで本blogに記している。特に彼女の作品について書いてたわけではないけれど、そのindexを。
2013-04-17 青い芝展(4人展) /2015-12-01 out viewingの渡邉葉月展

ビルの入口には大きなポスターが置かれるが、写真にするとアクリルガラスの反射で、よく見えない(↓)。
21-164s-b.jpg

2024 SPRING EXHIBITION「Restart」から

21-162b800 左余白付 2024 SPRING EXHIBITION -Restart-
会期:4月1日(月)~4月14日(日)
会場:maison de たびのそら屋 【長岡市】
出展/
LICACO(版画)、 今井リエコ(絵画)、 筒井早良(絵画)、 不破妙子(漆)、 小山紀子(写真・インスタレーション)

DMに記載されたギャラリーからの案内文には「その道の続きを見たい若き5名の作家の展覧会」とある。
“若き”と提示された5名のうち小山紀子さんは長岡造形大学をこの春卒業、同大大学院に進学されたかた。2月におこなわれた卒展で作品を拝見していて、作品近くに居た彼女とも話をしていた。4月のこの企画展に(卒展でのインスタレーション作品を)出展すると聞き、インスタレーションは場との関係が大きくあるから、設置場所が「大学内の一室」→「大きな窓を有すギャラリー空間」となることでの作品の変容はどうなるかなんて話の展開もあり、興味を持っていたわけである。
そのインスタレーションは小さなサイズの写真プリントの裏にミラーを貼り付け、表裏両面で見せるかたちとしモビールのように天井部から多数吊り下げるというもの。鮮烈だった卒展作品とは受ける印象は違ったが、今展では4枚の写真プリントから成る「In my grandfather's arm」と題した未発表作品(2023年制作)を同時展示しており、インスタレーションというよりはこの2作品から伝えたいということなのだろう。
その4枚はフィルムを使っての撮影で紙に自らプリント。紙は額装などせずに長めの虫ピンを用い、撓みが出るように壁面に直接取り付けている。 一見逆説的であるがそうした紙だとか白黒のモノクロプリントとかに、綺麗な“色”を感じた。

見ての通りの佇まいだから

東京駅(の南端)と有楽町駅とはそれほど離れておらず、東京駅で京葉線に乗るには有楽町駅からが近いことは知識として知ってたものの、実際に使う場面はなかった。で、たまたまヤフーニュースに流れてきたのが「マニアックひとり旅ライター」と称するかたがその点について書いた、「東京⇔有楽町間乗り換えルート」記事。
https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/e2a02…166

面白く読んだついでにその記事に出てくる東京駅最南端らしい2番出口ってどのあたりかななんて程度の感覚で、何気にグーグルマップ開いてみた。
かなり近い。かつて銀座にあった長岡小嶋屋の仕事で絵画作品を定期的に(車で)運び展示していたときは有楽町駅前の東京国際フォーラムの駐車場も利用していたが、有楽町駅前を銀座側から国際フォーラム側への迂回時にその「東京駅2番出口」の前を通っていたことも知る。なんだその前を何度も通ってたのかとわかっても、そもそもが有楽町駅周囲という感覚。グーグルストリートビューの画像のリンクを貼ってみるが、見ての通りの佇まいだから東京駅だとは気付かないよね。
(画像中、左側の歩道に面し黄色の鉄骨梁の下にポツネンとある)

新潟駅万代口バスターミナル

“国内の様々な建築について徒然に記した”と簡潔な自己紹介がなされる「日本の佇まい」というwebsiteは、都内で開催していた外山文彦展のレビューがなされていた際に少し記していた (3月5日)。この4月6日には、先日本欄にも記した、3月30日でその役目を終えたスイッチバック式の「新潟駅万代口バスターミナル」への言及があったので、リンクを貼っておきたい。

2024.04.06 新潟駅万代口バスターミナル (日本の佇まい「建築外構造物」より)
http://tatazumai.c.ooco.jp/n_arc/n_arc_507.html

おおよそ1600字、原稿用紙4枚ほどの長文であるが、スイッチバック式の例として嘗ての長岡駅大手口広場バスターミナルの俯瞰画像もあるなど、愉しく拝読した。
新潟駅の「旧」となったバスターミナルの意匠デザインに最後言い及び、「スイッチバック式であるがゆえに編み出された形態」「機能的要請を直截に形に置換しただけの上屋」と特徴を挙げ、「与条件に対する合理的な解法のみで成立した意匠不在のその姿が、しかし却って意匠としての固有性を成す」と結んでいる。意匠不在が却って意匠としての固有性を成すという視点に、さすがなるほどと思った次第。
また欄外に掲げられた注釈では新しく運用が開始された新バスターミナルにも触れ、上屋の構造体は樹形を想わせるとその意匠性が記される。「新旧それぞれの意匠性の有無が、都市施設に対する価値観の変容を物語る」として、こちらの観点も興味深いものだった。

ちなみに旧バスターミナルを構造物として撮る場合、「日本の佇まい」氏が載せているように片持ち梁の大屋根に焦点を合わせ(手前の待合ゾーンと対比させ)て撮るのがいいが、私が前に載せてた2015年当時は、そうしたところにさほど興味がいってなかったようだ。当時の写真データーから未掲載画像を載せてみるが、あるのは遠方からのこんな感じのもの。
21-160b.jpg
21-161b.jpg
21-159b.jpg

江濵陽莉作品を展示中 (ラ・ボントーン)

ベーカリー「ラ・ボントーン」から。 店内には現在、長岡造形大4年・江濵陽莉さんの絵画4点を飾っています。
展示案内https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-7036.html
※ボントーンは火曜日定休のほか今月は4月15日(月)がお休み

21-157b800.jpg
ちなみに昨日は昼食を同店のサンドイッチで済ませました。

 | ホーム |  »

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR