アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

01<< 1234567891011121314151617181920212223242526272829 >>03


外山文彦作品記録集(2020年編集版)_2020年10月発行/
郵送にて販売中です
詳細↓
https://atelier-zen.jp/toyamasassi.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2024年1月8日まで:舟見里留

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.53/~2023年12月17日まで:中川采花 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
https://atelier-zen.jp/


日常生活のあるべきモラルの再考

前記事の「利益のためではない震災復興を」とは田中康夫氏の発言ではあるが、3.11以降の日本の状況を見るにつけ、日々感じさせられていることでもある。
最近、五十嵐祥一氏が20年以上前に書いた文章を思い出し、その意味を再度考えている。氏は同郷の4年先輩で、私にとってキーパーソン的な存在だったが、8年前の秋に若くして急逝した作家。新潟絵屋で追悼展を企画した際にも展のテーマとして使用したその一文を、同展DMと会場写真とともに再掲してみた。

511_20120320113410.jpg
私の庭には、今年の夏には毎日のように、夕顔がたくさんの花をつけた。春に、妻と買い求め、蒔いたのだ。そのおおくの白い花の、かれんさというか美しさを写真におさめようと思ったが、夕暮れの光は弱く、フラッシュの使い方がわからなかった私は長時間露出を行い、その結果手ブレのプリントが手元にのこり、夏は過ぎた。
私の部屋には、作りかけの絵の材料が床の上にある。作品は美しさを前にして醜く、私の気持ちを逆撫でする。作品はモノではなく夢である。それはけっして空想されず、想像の契機として惣然と変貌する。だから私はプランや設計図を持たず見積書も提出できずに、ただその前にいる。作品をつくることは日常生活のあるべきモラルを再考させる。つくられたシステムを強要され許容していることに気づき、金儲けだけが生活のすべてではなく人間のすべてではないという当然のことを知る。
花は生きるために咲き、またそれ自身が生そのものであり、私はそれを美しいと思う。作品はだれかの生を前提とするコミュニケーションであり、それはシステムではないので私は永遠にたどりつけない地平を志向して、手と眼で思考する。

(五十嵐祥一,1988年11月27日)
ノプラマ・アート「ラフィン・ザ・ヌード」展カタログ掲載文より抜粋

500.jpg
(撮影:反画工房さん)
関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR