アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

01<< 1234567891011121314151617181920212223242526272829 >>03


外山文彦作品記録集(2020年編集版)_2020年10月発行/
郵送にて販売中です
詳細↓
https://atelier-zen.jp/toyamasassi.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2024年1月8日まで:舟見里留

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.53/~2023年12月17日まで:中川采花 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
https://atelier-zen.jp/


四半世紀の記念コンサートと記念冊子

28日からのONE Mart EXPRESS展の会場にさりげなく置こうと、同展にあわせて「作品批評集」を制作中である。
この場合、“批評”というのは私がしたものでなく、他のかたが私の作品に対してしたものである。幸いにして、美術作家や評論家のかたなどこれまで新聞紙上や私信等でいろいろと書いてくださり、振り返ってみるとそれがだいぶあるし、自分にとって意味が大きいから、ここらで一度まとめてみたいと考えて。
…集といっても大袈裟なものではなく16ページほどの小冊子。販売目的もなくあくまで個人の記念(記録)的なものだから、部数をきわめて限定してのオンデマンド印刷である。 個人の記録集だし時間かけてもしょうがないから簡単に作ろうと考えた。
だから時間のあるときに少しずつ編集をすすめていたのだが、やり出すと(埋もれていた資料なんかも新たに探し出してきたりして)だんだんと本格的になり、同時に入稿締切も迫りだしてきたから、なにやらたいへんになってしまっているところ。16ページもあれば批評集とするにはページに余裕ありすぎ、なんでも入れられるぞと最初は思っていたが、やはり「編集」としての抜粋と選択は必要のよう。

1-627_20121117213830.jpg
さてそんななか、今日は「長岡フルートアンサンブル第25回記念演奏会」に行ってきた。25周年ということで、公演パンフレットにはこれまでの演奏履歴も記載され、この日の演奏曲目も25周年を意識したものだった。
それらに触れながら「四半世紀ってことだよなぁ~」と言葉にしたときの重厚感みたいなものを思っていたら、私がいま制作している批評集も「1987年から始めて現在まで続けているシリーズ」を基に編集しているから、数えたらこちらもピッタシ25年。同じく四半世紀記念となるようであった。
ただ、私のほうは25年フルということではまったくなく、途中、かなりの空白期間があるから「なんちゃって四半世紀」なのだけど。
関連記事

COMMENT▼

まことに

ありがとうございました。おかげさまで25年、欲得なしの楽しみって感じですね。

お疲れさまでございました。
次はやはり、めざせ30周年ですかね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR