アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

アトリエZen 展覧会案内
infomation

どうぶつアート展併設の喫茶室で同時開催/野坂衣織展
6月24日(水)~7月5日(日)/於:maison de たびのそら屋
https://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-
category-1.htm
l


長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~6月14日まで:三上喜貴 〓終了しました〓
現在/6月15日~8月23日:髙橋ノリユキ(写真) 〓展示中〓/ウィルス対策で営業時間の変更があります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.35/5月14日~7月31日舟見倹二+外山文彦
展示案内
展示作品リスト・展示風景



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


マイスキップの校正と栃尾紬特集と連載「まちかど逍遥」の長崎屋長岡店




マイスキップ次号3月号のゲラがあがり、昨日は校正のため編集部に。
前にコメントでも少し書いたのですが、次号の企画特集面は私の担当で、「栃尾紬」と題し「栃尾の織物の歴史」について取りあげている。長岡市立科学博物館でちょうど企画開催している「ねくもり栃尾展」からも資料の提供をいただき、かなり充実したページとなった感。3月頭には発行されると思いますので、どうぞお楽しみに。


さて上の画像はその校正ゲラ。企画特集面や造形大生紙上ギャラリーのコーナーのほか、右下のほうは紙面p.3の下部で、数か月前からスタートした「まちかど逍遥」という連載コラムがある。
この連載の筆者は建築技術者のKさんで、長岡駅舎や、かつて日赤町にあった日赤病院(いまのウオロク長岡店のところですね)など長岡の建築物に関した特集の執筆を時おり担当いただいていた。それが好評だったのと、マイスキップの水(?)がどうも合うということで、短文での短期連載コラムを始めてもらったという次第。今回が第4回目。「建築や都市計画的な内容を肩の凝らないエッセイで」と、毎回自由に書いてもらっている。

そんなコーナーであるが、筆者自身からの写真の提供もあり、先般1月号の「大和長岡店の螺旋階段」写真もそうなのだが、いまは無い建物を特有の視点で昔に撮影していた、いわば秘蔵写真が載ることがある。個人的にも楽しみにしている部分である。
で、今回の掲載は…、と思って見てみたら、「1997年におこなわれた長崎屋の解体工事を鳥瞰で撮った」写真であった。隣接の長岡駅舎も画面に入れつつ、この角度から解体工事風景を狙うというのは、建築的興味と長岡の都市計画的な興味と写真への興味に、さらにその場に(鳥瞰できる高所に)居あわせるタイミングとすべて揃ってなければ不可能だから、おそらく他には例がないんぢゃないか。そう思えもするから、さりげなくサラっと掲載してはいるけども、興味あるかたにとってはかなり貴重版のよう。

さて下は、現在のその長崎屋跡地。最近、ちょうど撮っていたものがあったので。
昨年の秋に「なにやら工事している」と書いていたが、その後はCoCoLo長岡の専用駐車場になっている。
1-894.jpg

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR