アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

アトリエZen 展覧会案内
infomation

アトリエZen in TWOOL GALLERY vol.01
外山文彦展

2020年10月2日~17日、金・土・日曜のみの開館/12:00~18:00
会場:TWOOL GALLERY
展覧会案内



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~6月14日まで:三上喜貴
6月15日~8月23日:髙橋ノリユキ
8月24日~10月25日:鶴水亜里沙(ミクストメディア) 〓展示中〓 /ウィルス対策で営業時間の変更がなされる場合もあります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.36/8月6日~10月11日:新田紘平
展示案内
展示作品リスト・展示風景



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


複雑さの合理性と消える戦後モダニズム建築

またもや渋谷駅について。
昨日の東横線駅移動に際してネット上には関連話題も多く出てきていたが、都市計画的な観点から興味深かったものがあったので、備忘録的にふたつほど。


渋谷駅はなぜ1日280万人をさばけるのか
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1800L_Y2A710C1000000/
渋谷駅の複雑さ難解さはとりあえずマップを見れば一目瞭然だけど、大学生のころよく使っていたときは不思議と使いづらい感じがしなかった。むしろ、横一列にホームが並んで一見「わかりやすい」はずの新宿駅のほうが、線路やホームで東西への動線が分断されるなど、訪れるたびにすごく不便に思っていた。
使いづらくなかったのはなぜか、そんなことは特に考察することもなく、「大学生くらいの年代だから(今思えばかなりの複雑さでも)当時はすぐに慣れたのだろう」程度に思っていたのだが、そこには合理的な理由があるというのが↑の話。
もともと渋谷駅は谷底にあたり、街にもフラットな広い土地はない。だから、鉄道のホームは各社各方面横一列に並べるのではなく、谷(地形)に沿ったかたちで縦に配置されなければならなかった。そんな背景も含めれば、複雑さは実は案外と合理的だったのかも。もちろん現代のバリアフリー思考とは、離れているのだけど。

渋谷の顔 地下化で一変 消える戦後モダニズム建築
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013031502000250.html
東京新聞3月15日の夕刊記事。「渋谷駅の顔」と言われても、私自身は東京や上野とは違い駅のファサードはすぐに思い浮かばず、だから建物名もあんまりピンとこないが、界隈には坂倉準三作品が多かったようだ。「バスや都電のために地上を使い、人間は空中を歩く連絡通路は、コルビュジエの影響が大きかった」という研究者の指摘。

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR