アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

アトリエZen 展覧会案内
infomation

どうぶつアート展併設の喫茶室で同時開催/野坂衣織展
6月24日(水)~7月5日(日)/於:maison de たびのそら屋
https://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-
category-1.htm
l


長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~6月14日まで:三上喜貴 〓終了しました〓
現在/6月15日~8月23日:髙橋ノリユキ(写真) 〓展示中〓/ウィルス対策で営業時間の変更があります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.35/5月14日~7月31日舟見倹二+外山文彦
展示案内
展示作品リスト・展示風景



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


世界とのギャップと田中三彦氏講演

1-1117_20130424231551.jpg

facebookに流れてきた、福島県在住のかたの投稿写真である。
ここ数日の福島民報の見出しと今日の読売新聞の見出し。 福島で起きていること。世界で起きていること。ギャップが悔しい。』とメッセージがある。こういった情報はなかなか伝えられないから、転載させていただいた次第。
また、ここに掲載されている昨日の読売新聞朝刊一面「トルコに原発輸出」は、ちょうどその前の晩に、ユーチューブで聴いていた講演内容と偶然にも被ってもいた。

原発メーカーの実態と責任」と題された田中三彦氏の講演記録を聴いていて、講演自体は昨年11月のもの。なにかにつけ東電の悪口は聞くのにメーカーの責任を問う声は意外なほど耳にしない、そんな折だったから、奇しくも見つけたこの切り口に興味をひき、時間もそうあるわけでもなかったが観てしまったのである。メーカーの責任という観点から、原発メーカーが第三国に輸出する件についても重点を置いて述べられていた。

田中氏は1970年前後から約10年弱くらい、原発の根幹となる「圧力容器」の設計にたずさわり、実際に福島第一、4号機のそれは田中氏が設計を担っている。実際に設計をおこなった技術者らしく理路整然とわかりやすく話すのだが、単に技術的なことだけでなく、例えば「会社人と社会人の違い」「技術者の倫理、会社の倫理、社会の倫理はどう違うか」等、その背景にある社会学や心理学などにも関連させて論じたり、(氏もかつてそうだった)会社人の行動原則について、「大義名分と権威さえそろえば人はなんでもやる」というアイヒマン実験(服従の心理/スタンレー ミルグラム著 、河出文庫)に触れたりと、内容が深くて実に示唆に富む。こういう話は多くのひとに聞いてもらうと、いろいろ考える材料によいのにと思ったが、ユーチューブのカウントはいまだ2400くらい。う~ん。


原発は運転するのも事故処理するのも最後は人間だから、「人間の問題」として、かつて事件を起こした片桐機長や姉歯建築士のことも、事件の本質は何だったかと触れられる。後者はともかく前者は30年以上前のこと。いきなり“片桐機長”と出てきて、とにかくセンセーショナルな事故だったから50代以上だとすぐさま記憶が蘇りそうだけど、いまの若い世代だとどうなのだろう。知らないよね。

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR