アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

02<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>04


外山文彦作品記録集(2020年編集版)_2020年10月発行/
郵送にて販売中です
詳細↓
https://atelier-zen.jp/toyamasassi.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2024年1月8日まで:舟見里留

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.53/~2023年12月17日まで:中川采花 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
https://atelier-zen.jp/


高崎市美術館とジパング展と旧井上房一郎邸

このGW中、所用で高崎まで出かけていたが、駅前にある高崎市美術館でちょうど「ジパング展~沸騰する日本の現代アート」をやっていたので、そちらも立ち寄ってみた。

同展は昨年、新潟県立万代島美術館で開催され、わたしの周辺でも展覧会の反響が凄かったのだが、わたし自身は作品制作にかかりきっていた時期でまともに時間がとれず、さらに自分で企画していた展覧会とも被っていたから、チケットをいただいていながら行けないでいた。だから今回の高崎はナイスタイミングで、遅ればせ乍ら観に行けたわけである。


高崎市美術館は入口すぐの展示ホールが3層吹き抜けで、通りに面して大きなガラス窓が設けられている(外部から中の作品を覗けたり、展示内容の雰囲気も伝える)点が特徴的。吹抜空間を中心にして、ここに設置された鉄骨階段で2階3階の各展示室にむかう導線。大型施設が目立つ公立美術館とすればコンパクトなつくりで、各階2つずつある展示室は感覚的にはギャラリーに近い。
都市の狭い敷地もあろうから、だからコンパクトにまとめた美術館と思って観ていたのだが、順路の最後になって建物の裏に500坪ほどの庭と旧邸があり、美術館と一体になって管理されていることを知った。旧井上房一郎邸。街の通りから視界を遮断するようにあるから最初気付かず、高崎駅前にこんな空間があるのかとちょっとした驚きである。
井上房一郎氏(1898-1993)はかつて高崎にあった建設会社のオーナーで、群馬交響楽団や群馬県立近代美術館の設立に深く関わるなど、生涯をパトロンとして地元の文化活動に寄与していたかたのよう。邸宅の設計にはアントニン・レーモンドが深く関わっているという。
高崎市景観重要建造物第1号。美術館入場料でそのまま見学可能。
2-023.jpg
2-024-pp.jpg
ジパング展―沸騰する日本の現代アート
会期:4月7日(日)~6月16日(日)/休館日あり
会場:高崎市美術館/ 観覧料:一般 500円
http://www.city.takasaki.gunma.jp/soshiki/art_museum/art/jipang.htm
関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR