アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

アトリエZen 展覧会案内
infomation

どうぶつアート展併設の喫茶室で同時開催/野坂衣織展
6月24日(水)~7月5日(日)/於:maison de たびのそら屋
https://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-
category-1.htm
l


長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~6月14日まで:三上喜貴 〓終了しました〓
現在/6月15日~8月23日:髙橋ノリユキ(写真) 〓展示中〓/ウィルス対策で営業時間の変更があります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.35/5月14日~7月31日舟見倹二+外山文彦
展示案内
展示作品リスト・展示風景



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


そして、旅を続けよう

blogをやっているかたには先刻ご承知のことなのだが、blogには「下書き」というフォルダがあって、途中まで書いた段階でアップしないまま保存しておくことが出来る。そのなかには「書いたけれど公開してない」というパターンもあるにはあって、今なにげなく見たら、昨日書いた「Laughi'n the nude」展に関して、カタログ(いわゆる記録集)の巻頭言をわざわざ書き写したものが、公開されないまま残っていた。数年以上も前のもので、アップしなかった理由ももうわからず、だから同展を紹介した契機に下にあげておきたい。
五十嵐祥一さんの文章は学生時代からとても好きで、大学のゼミ誌に書いたものから展覧会レビュー、作品に対する文章まで手元にかなり所有していたから、氏が若くして急逝したときにそれらをまとめた。blogにもかつて時折転載したことがあるが、たぶんそうしたことの流れに何かキーワードがあって書き写したんだろう。



そして、旅を続けよう
ノプラマ・アート「Laughi'n the nude」を終えて

五十嵐 祥一   


その当日が終わるまでの焦りと集中したことのせいか、ひどく虚脱な状態になる。夢から醒めた朝遅く、街を歩くときの感じとよく似ている。たくさんの人々に集まってもらい、楽しかった。展覧会は終わり、ぼくたちは再び大洋へと出航する船のように、束の間の停泊を終え、それぞれが旅を続ける。また或る日に何処かの港で出会い、裸で笑いたいと思う。
旅は自己形成の作為であり、なにももたないぼくたちにとって武器である。気持ちよく笑うためには、日々のなかでぼくたちを去勢しようとする商業主義や情報操作と戦わなければ果たし得ないだろう。川瀬君がパンフレットで「連帯」について書いているように、この作業には仲間が大切であり、それはまた一人一人が「自由」を志向するなかでしか実現されない、はかなくも強靭な花のようだ。
このカタログでは、当日のパンフレットに作品写真をまとめてみました。○○氏から頂いたお祝い金を充てさせていただきました。ありがとうございました。
みなさん、御苦労さまでした。また当日の混乱のなかでお手伝いくださった方々にこの場をかりて感謝いたします。それではお元気でいてください。次の港でまた騒ぎましょう。
では、また。

ノプラマ・アート「Laughi'n the nude」展・カタログ 巻頭言 



※ 関係者向けに配布されたカタログということで文中の○○氏は冊子内では実名で記されていますが、ここでは伏字としました。

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR