アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

アトリエZen 展覧会案内
infomation

アトリエZen in TWOOL GALLERY vol.01
外山文彦展

2020年10月2日~17日、金・土・日曜のみの開館/12:00~18:00
会場:TWOOL GALLERY
展覧会案内



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~6月14日まで:三上喜貴
6月15日~8月23日:髙橋ノリユキ
8月24日~10月25日:鶴水亜里沙(ミクストメディア) 〓展示中〓 /ウィルス対策で営業時間の変更がなされる場合もあります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.36/8月6日~10月11日:新田紘平
展示案内
展示作品リスト・展示風景



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


弥彦野外アート展、スタートしました/冷たい雨のなかでのオープニング

弥彦・野外アート展、20日に開幕し、約2週間の会期がスタートしました。
作品の一斉設置日は前日19日(土)でしたが、私自身の作品は現地組み立て型のインスタレーションで、(いったん出来てしまえば作品自体はシンプルなものの)設置から完成まで時間も思いのほか要すること、作品部材の運搬も事前に済ませたかったことから、弥彦には前々日の18日から行っていました。

現地組立作品なので、雨天荒天だと電動工具も使い辛いし、現場作業はたいへんさを増します。だから18と19両日の天気はずっと気にして、予報だの気象図だので「晴れ」の確信を得ていました。実際その通りになったのだけど、開幕の20日については少し前の週間予報で見た“好予報”の記憶をよいことに、以降それほど気にしていなかったら結果は雨。弥彦の高台という気象条件もあるのか、前日から一転、気温もすごく下がりました。冷たい雨のなかでのオープニングです。

3-398.jpg


野外展なのでそれはそれでいたしかたないし、雨のなかでの作品というのも見え方がまた変わって面白いもの。だから一概に悪いことでもないのですが、寒さもあるなか雨に少し濡れながら1時間ほどの作品解説会は、わたし的には折りからの体調不良を噴出させてしまったようで、そのあとに予定されていた「作家を囲む会(昼食会)」の出席は急きょ見合わさせてもらいました。ちょっとした風邪っぽさも元々あったのだと思いますが、作品制作も含めここのところ根を詰めた作業を続けていたので、無意識のうちに体力(抵抗力)も相当落ちていたのかもしれません。
知りあいの県外作家や大学生など、開会式には知人も多く来られていて昼食会にも多くが参加されたようですが、そんなかんなで私は不参加になり、残念でありました。20数年前の新潟市内某美術館でお世話になったOさんも来られると前日に情報を得て楽しみにしていたのですが。また、当日のそんな体調で気も配れず、あいさつをきちんと出来なかったかたには申し訳ありません。


初日は雨と急激な寒さとで、野外の過酷さもありましたが、いい作品もそろったと思います。画像は開会式のあとにおこなわれた、出展作家の作品解説のヒトコマ。左の、ピンク色の屋根の小屋のような立体は、三上祥司さんの作品「八一九の手前」です。八一九は「やひこ」と読みます。

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR