アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

アトリエZen 展覧会案内
infomation

どうぶつアート展併設の喫茶室で同時開催/野坂衣織展
6月24日(水)~7月5日(日)/於:maison de たびのそら屋
https://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-
category-1.htm
l


長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~6月14日まで:三上喜貴 〓終了しました〓
現在/6月15日~8月23日:髙橋ノリユキ(写真) 〓展示中〓/ウィルス対策で営業時間の変更があります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.35/5月14日~7月31日舟見倹二+外山文彦
展示案内
展示作品リスト・展示風景



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


ラジオ生出演の余談と変遷の面白さと宮下智の冴え

3-415-p.jpg 弥彦・野外アート展の話で先日出演したラジオ番組では、あらかじめ「放送のなかで弥彦野外展のこれまでの歴史も聞きたい」と言われていた。1時間もの番組となれば話すネタの整理もそこそこ要るだろうと、少し振り返っておこうと棚から取り出したのが、→。
2003年、第2回展の記録冊子で、放送の前夜に久々に目を通していた。

冊子は 1頁ずつ出展18作家の作品写真とコメントが収録され、他に美術評論家、弥彦村教育長や温泉旅館の組合長ら協力関係者の寄稿等で構成された全26ページ。
ちょうど10年前となる展の記録誌を見て改めて思ったことがふたつあり、ひとつは、10年前はふだんから大型彫刻を手がける彫刻家の出展も多く、木彫や石彫などの大型彫刻が多数点在していたこと。
作品自体の存在感も目立ち、もちろん、10年前といまとでは美術を巡る状況も変わっているし作品へのアプローチもより多様化しているから、単純に現状をネガティブに捉えるばかりではないけれど、この辺りの変遷は思考を深めるに面白い視点かなと。そんなことをまず思ってはみたのだが、もうひとつは、掲載されていた私自身の作品に関して。

私自身は第1回の2001年展には参加してなく、この第2回展が初出展となる。その経緯はラジオのなかで聞かれもしたので、「第1回展を観て、階段の踊り場を使う斬新さ、一段登るごとに次々に作品が視界に現れ、更に振り返ればこれまで見てきた作品が眼下に違う角度で臨める。こんな面白い空間体験があるのかと、自分も出展したいと感じた。次回第2回展でちょうど出展要請を受け、快諾した」と答えたのだが、「第1回展を見たときに、すでに(この場を活かすべく)作品プランはいくつか頭に浮かんだ」ことも、つい聞かれるまま喋っていた。
そうなのだ、このときは作品プランの発想なりアイディアをかなり持っていたのだった。だから2003年の作品はいくつかの案から選りすぐったはずなのに、いま改めて見てみると、それにしては出来が今ひとつ。構成の仕方も甘すぎていやはや駄作だと、そんなことを思っていたのだった。
でも、このときの作品の発想は翌2004年の東京都美術館でのインスタレーションにつながり、それは高く評価されたから、個人的な10年スパンでみれば、あながち悪いだけのことでもないかもしれない。そうした変遷も面白いといえば面白いのかも。


さて、当のラジオ番組では、リクエスト曲を求められたので、頭に浮かんだ順3つをリクエストさせてもらった。ロッド・スチュワート「it's not the spotlight」、太田裕美「Good bye season」、Chaka「Ninjin娘」である。
太田裕美はテクノポップ期のマニアックなものをと思いつつ「今年も空が高い~、学園祭の季節さ」と唄う季節感のフィットさが急に浮かび、アイドル期終盤のこちらに。テクノポップ期の「パスしな!」とか「お墓どおり」とかいう曲では、展覧会のPRしている脇で縁起でもないもんね。
ちなみに「Ninjin娘」の原曲は、30年以上も前、当時アイドル歌手だった田原俊彦(トシちゃん)が歌っていたもの。トシちゃんバージョンはコミカルタッチな軽い印象だったけれど、Chakaはホーンセクションをしたがえパワフルに歌い上げてすごいからリクエストしてみたが、あまりのマニアックさに局のほうで曲の用意が出来ず、生放送では差し替えられ本家のトシちゃんバージョンが。
残念ではあったけれど、ボーカルが下手とかどうとかいろいろ言われた当時の曲も改めていま聞くと、けっこういい。作詩作曲はいまや伝説化している謎めいた女性音楽家・宮下智で、その冴えがあるようで。

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR