アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

アトリエZen 展覧会案内
infomation

どうぶつアート展併設の喫茶室で同時開催/野坂衣織展
6月24日(水)~7月5日(日)/於:maison de たびのそら屋
https://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-
category-1.htm
l


長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~6月14日まで:三上喜貴 〓終了しました〓
現在/6月15日~8月23日:髙橋ノリユキ(写真) 〓展示中〓/ウィルス対策で営業時間の変更があります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.35/5月14日~7月31日舟見倹二+外山文彦
展示案内
展示作品リスト・展示風景



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


横浜市民ギャラリークロニクル展と“1964”と意図的なトリミング

横浜市民ギャラリーは1964年に開館したらしい。つまり今年で50年ということで、いま開催中の企画展の案内は、“1964”が大きくクローズアップされたデザイン。

1964といえば、 江戸東京博物館では「1964年は新しいニッポンのはじまりでした」とキャッチコピーをつけ「東京オリンピックと新幹線」なる展覧会を開催中だ。数字がなんだか気になり、都美術館に先日行った際はポスターの1964に目をひかれ写真にまでおさめていた。
ジョージ・オーウェルの小説は1984で、当時「オーウェルの年」と話題になった年の20年前だからキリがいいねぇなんてことと、それからもう30年経つのか(こちらも30とキリがいい)と頭に浮かんだのはまぁどうでもいいことだが、もともとが理数系なものだから数字を気にしだすとけっこう好きで、考えだすとキリがないのである。

さて東京都現代美術館が開館してすぐのころ、同館で「日本の美術1964」という展覧会があり観に行っている。やはり東京オリンピックの1964年に焦点をあてたもので、1996年の企画開催。下は久々に書庫から取り出したらだいぶ古びた感じになっていた、そのとき買い求めた「展カタログ」。当時の美術館長・嘉門安雄氏の巻頭挨拶には「東京オリンピックという戦後史の大きなランド・マークである一年を、さらに日本美術史のターニング・ポイントに位置づけ、その全貌を可能な限り展開させようと試みて」とある。いまこの1964というのはちょっとしたマイブームにもなっている。
ついでに書いておくと、一昨日のblogで載せた写真には、本題とはまったく別に「1964」の数字がひっそりと隅に入りこんでいるが、これはマイブームであることからの意図的なトリミング。
8-392.jpg 8-393.jpg

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR