アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

アトリエZen 展覧会案内
infomation

どうぶつアート展併設の喫茶室で同時開催/野坂衣織展
6月24日(水)~7月5日(日)/於:maison de たびのそら屋
https://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-
category-1.htm
l


長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~6月14日まで:三上喜貴 〓終了しました〓
現在/6月15日~8月23日:髙橋ノリユキ(写真) 〓展示中〓/ウィルス対策で営業時間の変更があります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.35/5月14日~7月31日舟見倹二+外山文彦
展示案内
展示作品リスト・展示風景



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


悦に入りついでのどうぶつシリーズ

9-633.jpg
クレパスを初めて使った。と、前に書いていた。
キリンのイラストを描いたら本人的にとても気に入ったものが出来上がり、何人かの知人に画像データーでみせたりすると「おぉ可愛い」とか「すごくいいー」とか言ってもらえるので、ますます悦に入っている。ただ、この手の作品を気に入りそうなひとを脳内反射的無意識的に選んで見せている可能性も否定できないから、その辺は割り引かなければならないけども。
先日、私のインスタレーションが好きだという若手作家のTさんに見せたら、あとから好意的な感想がメールで届いたりして、恐縮するよりも先に嬉しくなっている。インスタレーションと、このなんだか脱力的なイラストとは対極どころか、「論外の外」的なまったく関係ないところに存在するが、何かどこかつながる部分が感じられるとしたら、それは面白くある。いつもおこなうインスタレーションは、シンプルに“素材や美の「力」を生かす”ことだと言ったとすれば、「力を抜いて力を生かす」脱力イラストと「力」つながりになることはなるが、まぁそれは咄嗟に思いついた“こじつけ”。

「キリン日誌」的にその作品にまつわることを少し書きたいと思っている。と、2か月前にはそう書いていたのだけど、先月から夜遅くまでの会議も多かったし特に今年は展覧会企画も続くし、呑気にそんな日記を書く時間がすっかりとれないままでいる。 だから、キリンに続けて描こうと思っていたゾウやシマウマやラクダたちも脳内構想だけは(久米書店見たり韓国marsでのラクダの映像見ながら)着々とすすめていたが、制作自体ストップしてしまっている。悦に入りついでにここはどうぶつシリーズとして、ある程度の数を作ろうと思ってはいたのだけど。

ペンでの一発描きは実際の描写時間としたら3分だから、特にボンカレーを食べる習慣はないけれど、例えばお昼にボンカレーを作っているあいだにも出来そうなもの。でもその3分の前には板に和紙を貼って支持体を作る作業やらなにやらとあり、そもそもそれ以上に、 描く前に神経を集中させ、緊張感を高めて手首をやわらかくする(=準備運動)ことが絶対的に必要で、そちらのほうはさらにもっと時間を要する作業だ。 陸上の100メートルの選手に、10秒ちょっとで済むんだからちょっといま走ってみてよ、なんて暴論は通用しないのと同じなのである。


しかし「神経を集中させ緊張感を高め」なんて大々的に書いてしまうと、蛭子画伯が廻りからさんざん指摘されたように、これが緊張感高めた絵なの?と言われそうだ。まぁ、緊張感を高めても画面上では決して緊張させないのは、狙いでもあるけれど。上の画像は本文とはまったく関係なく、cafe郭公での今日のお昼ごはん。

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR