アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

02<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>04


外山文彦作品記録集(2020年編集版)_2020年10月発行/
郵送にて販売中です
詳細↓
https://atelier-zen.jp/toyamasassi.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2024年1月8日まで:舟見里留

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.53/~2023年12月17日まで:中川采花 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
https://atelier-zen.jp/


中町信「模倣の殺意」

   模倣の殺意/中町信

本の紹介についての過去記事見てたら綾辻ファンのKさんから推理小説を借りた(けど読むのがストップしてる)なんて書かれていた。ずうずうしくもまたKさんから借りてしまったが、しかし今度の「模倣の殺意」はすぐさま読了である。

著者の中町信(1935年~2009年)を知らずにいて、Kさんは近年のミステリーをよく読んでるみたいだったし装丁の新しさからてっきり最近の作品とばかり思ったが、約40年も前の作品。故人である。発表当時そうヒットしたわけでもなく、7年前に大手書店が「埋もれた名作」としてキャンペーンを張ってブレークしたらしく要は復刻版。
鮎川哲也がカバー裏に、推理小説のキモであるエンディングについて、「その驚きは圧巻」と書いている。記されていた「あらすじ」に魅かれたこともあったけれど、天下のアユテツがそう書いたのならばと俄然興味をもち、ずうずうしく借りるにいたったわけだ。カバーのこのPR文は、だから書店での販売セールスに相当寄与していそうだけれど、でもその一方、結末の意外性とかクリスティの初期の傑作がどうとかと言われちゃうとちょっとした想像はつく。クリスティの初期の傑作っていえばたぶん、まず間違いなくアレだしね。
13-768b.jpg

まぁそんな想像はともかくも、「自殺とされた」あるひとの死の事件性(謎)を別々の二人が別な角度でそれぞれ追うという構成の面白味もあって、結論としてはなかなか楽しめた。上記から推測して、たぶん犯人はこのひとだろうなと思って読んでたらその通りではあったけど。
巻末には中町自身による「初版あとがき(昭和48年4月11日)」と「創元推理文庫版あとがき(2004年6月1日)」、濱中利信による17ページの「解説」が付され、こちらがとても詳しくて、かつ著者に対する興味が沸くものだった。別の中町作品を読んでみたくなったから、「十和田湖殺人事件」は復刊しないのかしらとそんな感想。
関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR