アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

アトリエZen 展覧会案内
infomation



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~6月14日まで:三上喜貴 〓終了しました〓
現在/6月15日~8月23日:髙橋ノリユキ(写真) 〓展示中〓/ウィルス対策で営業時間の変更があります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.36/8月6日~10月11日:新田紘平
展示案内
展示作品リスト・展示風景



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


アルジャーノンを思い出したくらいで/正月雑感

14-001.jpg
元旦にショートメールでネズミの絵が届き、目の前に紙とぺんてるのサインペンがちょうどよくあったものだからネズミを2秒で描いて送り返した。
あまりに無造作に描くから逆に誰にでも無造作に送りはしないが、メールは一瞬でこちらも秒単位。簡単になったものである。年賀状の作成時には干支のネズミのイメージが湧かず、昔読んだダニエル・キイスのアルジャーノンを思い出したくらいで結局絵にはならず描かなかったが、それにしてもなんでネズミ年は「子」年と書くんだろうと思ってみる。「親」のネズミを描いても「子」なのねと検索してみても、理由はほとんどよくわかっていないらしい。

正月の2日・3日は箱根駅伝を見て過ごした。趣味が高じてかつては沿道まで観戦に行ったこともあったけれど、一地点でのいわゆる「点」として視るのではなくスポーツ競技の「線」で見たいもので、そうするとテレビに落ち着く。まぁ携帯テレビくらい持って沿道に行きなさいよという話だけれど。他局の駅伝放送には酷いものもあるが、そのなかで日本テレビの箱根放送は比較的安定しているし、正月だからと朝からビール飲みながら観戦できるのもいい。
だから2日間計10時間以上テレビつけっ放し。さらに今年は全国高校サッカーの県代表に長岡の帝京長岡高校が出ていて、全国優勝するかもなんて注目していたら箱根駅伝終了直後に試合の放送があるものだから、そのまま続けて観戦するわけである。高校生は体力があるのか2日3日と連戦で、つまりこちらも両日同じパターンで早朝から夕方まで延々。来客もその間あったりはしたけれど、なんともテレビ漬けである。

そういえば箱根駅伝のエンディングに流れる曲が変わったのはいつからだったろう。かつては長らくトミー・ヤングの「I Must Go!」が使われていて、最後にこの曲が流れると正月休み三が日もこれで終わりというイメージも重なり、どこか感傷的な気分にさせていた。印象的な曲である。
ユーチューブ見たら30年前のそのエンディングが出ていて、三木清は感傷はただ感傷をひきおこすと書いていたけれど、懐かしさについ見いってしまっていた。
https://www.youtube.com/watch?v=mjU6FEj3i_4
細かいところで気づいたので書いておくと、エンドロールには「箱根に挑んだスタッフ」と大きく記され、(現在のものと違って)どの地点にいたスタッフなのかも細かく分けて名前が呈示される。最後に掲げられる「WE MUST GO」の言葉とともに制作側の意志を垣間見せているのは、この全区間完全生中継というのは技術的に相当難易度があったことが背景にあるのだろう。

さて新年の始動は6日(月)からと考えてはいるが、マイスキップの原稿を休み中に書いておきたく、今日あたりから少しずつ動き出している。手始めで書き出したウォーミングアップのブログはなんだかえらく長文になってしまったけれど。
それでは本年もよろしくお願いいたします。

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR