アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

01<< 1234567891011121314151617181920212223242526272829 >>03

アトリエZen 展覧会案内
infomation

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
[記事index]
会期:2019年12月12日~22日/〓終了しました〓

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2020年2月2日まで:
角屋 幸〓終了しました〓
2月3日~4月12日、ただし2月17日(月)は休み:
外山文彦 〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.34/2月20日~ヘロシナキャメラ(イラストレーション)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


用途の無さそうな物体とNHKスペシャル

14-028_20200116164213e13.jpg
長岡市内、国道沿いに立つビル。外壁修繕工事らしく長らくシートで包まれていた建物だったが、通りがかりに気づいてみればなにやら遠目には角材風の、特に用途の無さそうな物体が取り付けられていた。配置の仕方はともかくも、発想や感覚としたら以前野外展でおこなった私の作品に近くて、ちょっと驚いた。

さて、「認知症の第一人者が認知症になった」という表題のNHKスペシャルを昨夜見た。11日に放送されたものが15日の深夜に再放送されていて、なかなか決まった時間に見れないから録画していた。
タイトル通りである。認知症の研究者である医師が認知症になりそれを追ったドキュメンタリー。かつての先輩医師の「君自身が認知症になって初めて君の研究は完成する」という言葉が示され、きわめて示唆に富む内容。タイトルから、ちょうど正月に記していたFlowers for Algernon(アルジャーノンに花束を)の主人公チャーリイを思い起こして見始めたが、この医師も症状やその時の気持ちを自ら記した日記を残していて、それらも紹介される。


検索してみたら医療関係者向けのサイトに、この医師へのインタビュー記事が出ていた。
認知症になっても 安心して暮らせる社会を(長谷川 和夫 先生)/メディカルレビュー社「M-Review
前編:https://med.m-review.co.jp/drinterview_detail?dr_interview_id=9
後編:https://med.m-review.co.jp/drinterview_detail?dr_interview_id=10
テレビのドキュメンタリーは1年以上取材したもので、1年のあいだの症状の進行具合といった「時間軸」も入り込むから、このインタビューの文字情報と映像とで少し異なる印象のところもあり、逆にその時間軸を浮き彫りにしているかのようで興味深かった。具体的には(テレビ見られたかたはわかるだろうが)デイサービス利用のところ。

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR