アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05


外山文彦作品記録集(2020年編集版)_2020年10月発行/
郵送にて販売中です
詳細↓
https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5768.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
3月1日~5月9日:頓所康則展(ペン画)〓展示中〓
/ウィルス対策で営業時間の変更がなされる場合もあります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.39/3月11日~5月6日:
水渕凜 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


順序がまったくもって逆だけれど

いま取り組んでいる仕事で、GW明けに図面を出す段取りにしているものがあり、急ぎの案件だからとその制作作業をしていた。
このGW、基本は家の中に居続けるしかないから、本をかなり読めるかと思って(以前も書いたミステリ好きのKさんから)借りてもいたが、仕事もあるからそれらと並行させて過ごすことになりそうか。

そのKさんからは2冊借りている。1冊は綾辻行人をリクエストし、もう1冊は本人御薦めを自由にセレクトしてねとお願いした。何が来るかと思ったらアガサ・クリスティで、異色なものらしくなんでも殺人事件が起こらないという。
そういえばクリスティは、映画化されたのを見たりして多く触れている気はするのだが、読んだものは意外に少ない。それも高校の時の「そして誰もいなくなった」と「オリエント急行殺人事件」だけで、著名な「アクロイド殺害事件」は未読。有名すぎて「犯人は●●」と犯人名まで知っているけれど、さらにはフランスの大学教授が推理への疑義から別の真犯人を提示した「アクロイドを殺したのは誰か (ピエール・バイヤール著、大浦康介訳)」まで既に読んでいるけれど、肝心の本体小説のほうをまだ読めていない。
昨年だったか、詩人の故田村隆一が訳した今はもう絶版になっているバージョンを古本で買った。「犯人を知り」→「その推理に対する疑義の研究本を読んで」からというのは順序がまったくもって逆だけれど、裏側を知って読むというのも一興だからこちらも愉しもうと思っている。画像はその田村隆一翻訳版。

15-058.jpg


ついでに書けば、田村隆一は中学生のときにエラリィ・クイーンの訳に触れ、いいなぁと思っていた。今だと新訳でいろいろ出ているのだろうけど、古本で敢えて見つけて買ったのはそんな理由。

(2020.05.03 pm21:00)

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR