アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

アトリエZen 展覧会案内
infomation



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2020年2月2日まで:
角屋 幸〓終了しました〓
2月3日~4月12日:外山文彦 〓終了しました〓
4月13日~6月14日:三上喜貴 〓展示中〓ウィルス対策のため臨時休業期間があります。変動もありえますので長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.35/5月14日~7月31日舟見倹二+外山文彦
展示案内
展示作品リスト・展示風景



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


「美」つながりということでもないけれど

昨夜は録画していたNHK「美の壺」“華やかに物語る バレエを見て、そのあと「美」つながりということでもないけれど、同じ日曜の放送でついでのように録画していたテレビドラマ「美食探偵-明智五郎」を見た。

この「美食探偵-明智五郎」は初回のとき新聞テレビ欄で偶然そのタイトルを目にし、原作は知られたマンガらしいが私は知らず内容はわからなかったけれど、明智小五郎ではなく五郎というあたりでてっきり、コメディタッチの軽いものかと興味をひいていた。 テレビドラマの類は基本見ないがひょんなことから嵌ってしまうものがあり…とはよく書くが、 コミカルな推理モノといえば貫地谷しほりがコメディエンヌぶりを発揮した「キミ犯人じゃないよね」とか「私の嫌いな探偵」とか、好きでよく嵌る傾向にあるから、久々に嵌るものが出たかとそんな予感が最初あったわけだ。
でも案外そうでもない。軽いだけの話ではなく、おそらくは原作が私に合わないのだろう。コミカルな要素も多くてそれなりに楽しんではいるものの、特に刑事2人の大袈裟にふった演技に顕著だけれど、コミカルを意図して逆に滑っているところも目立つ。今回の放送では他の人のお見合いの席にスライディングして滑り込むという現実離れしたことを、すなわち「まるでマンガだ」としか見えないことをしていて、名実ともに「滑って」いるなぁなんて思いながら見ていた。
と書きながら最後のシーン。撮影はその一場面だけが完了しておらず、新型コロナの影響で結局、当初予定の撮影は出来なかったらしい。 エンドロールが流れたあとの最後3分、全面黒の背景にし演劇舞台調の演出に変えて撮ったのはテレビ的には苦肉の策だったかも知れないけれど、しかし主人公の心情がよりクローズアップされる効果を生み、コロナ云々と言い訳する必要はまったくないくらいの素晴らしいものだった。再開はなるのだろうか。「嵌ってない」なんて口では言いつつ気にかかっている。

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR