アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

02<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>04


外山文彦作品記録集(2020年編集版)_2020年10月発行/
郵送にて販売中です
詳細↓
https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5768.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation

エックス展 次回第11回展のお知らせ



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
3月1日~5月9日:頓所康則展(ペン画)〓展示中〓
/ウィルス対策で営業時間の変更がなされる場合もあります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.38/~2021年3月4日:高木秀俊
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


2020どうぶつアート展/私自身にまつわる展覧会雑感

15-200.jpg
どうぶつアート展から。手前は吉村浩美乾漆彫刻     


maison deたびのそら屋での「どうぶつアート展」が日曜に会期終了し、昨日は同展の残務処理と、会期中に溜りだしていた事務仕事を片っ端から片づけるつもりでいた。でも後者の事務仕事にまずけっこう時間を割かれ、またさすがに疲労も残ったようで軽い口内炎の症状も出て、昨日は無理せず少しペースを落としていた。だからなのだが、昨日はblogは休養。

展覧会はすこぶる好評だった。さまざまな表現の作家が出展しながら、全体のトーンは不思議に、ばらけずに落ち着いた感じで統一されたこともその要因になっていたよう。来場者の感想もいくつかいただいていて、こうした場合の感想というと、たいていは●●さんの作品がよかった気に入った的な、個々の作家に対する内容が多いものだけれど、あるかたからは企画者のほうに焦点をあててのお便りをいただいた。裏方業務も多く、本来はスポットがそうあたらない企画側に対しての言及に嬉しくなり、当該部分を(そのかたの了解のもと)抜粋し以下転載してみることにした。


動物をテーマの展覧会は全国でおこなわれているが、今回の企画や作品はその中でも秀悦のもの。作品のジャンル、作家の年齢、活動地など様々な要素が見られ楽しめた。それは作家が動物とどう向き合っているかストレートに伝わって来るからだと感じる。これも企画者の人脈と作家との良好な関係のなせる業だと感心。

他、会期中に直接言われたものとしては、「あなた(企画者)の作品はどこにあるのか?」というのがあり、企画者と展示作家とは別なものですよと説明はするのだけれど、それでもなぜ無いのか?飾ればいいのに見たかったのにと複数の人からあった。
私自身、5年前に「どうぶつイラスト」をクレパスで描いたら面白くなってミクストメディア作品に展開したことがあり、作品発表としたら小嶋屋に1回飾ったことがある程度だからあまり知られてはないけれど、案外評判がよく作品も売れ、どこかで聞きつけてオーダーしてくるかたまでいた。だから「あなたの作品もあればいいのに」なんて言われると、作家の立場だとついその気になってしまうが、でも企画者とすると、作風が今回の「全体のトーンを落ち着いた感じで統一した」空間の美点に合うかどうかとすぐわかる。企画者が出展することそのものは私は否定しないしやることもあるけれど、作家と企画者というのは斯様に違うのである。

(2020.07.07 pm21:00)  



5年前のblog記事から/
悦に入りついでのどうぶつシリーズ: https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-3089.html
キリンのその後とゾウの失敗:http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-3011.html

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR