アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05


外山文彦作品記録集(2020年編集版)_2020年10月発行/
郵送にて販売中です
詳細↓
https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5768.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
3月1日~5月9日:頓所康則展(ペン画)〓展示中〓
/ウィルス対策で営業時間の変更がなされる場合もあります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.39/3月11日~5月6日:
水渕凜 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


ノーファインダーの撮影

昨日は柏崎での野外展「夏の庭」の最終日。昨朝のblogに記したように作品搬出に行っていて、展覧会終了の寸前に撮ったのがこの画像。
15-294b.jpg
日射しが強くて、太陽が眩しくて。角度的にもどうせファインダーはよく見えないからと、ノーファインダーで撮った一枚。背後にブルーのシャツを着た女性が通るのが目視でわかっていたから、絞りを調整し、被写界深度を浅くしてシャッターをきったところ、思いがけずいいショットになった。
作品素材の“エンジニアリング・プラスチックの棒”はそのほぼ全部がちょっとくすんだ白色で、一般的な“綺麗な”色には遠いもの。そのなかに保護色のような緑色が2本だけあり、その1本に焦点があう。芝の写り込み方の感じもいいと、展覧会の終わりに密かに自画自賛というわけである。

作品のコメント/2020.08.02】 




せっかくなので作品片付け後の風景を。最後はこんなかたちに。
15-292.jpg
作品の本質にはまぁ関係ないところだが、今回の作品の特徴には手軽に搬入出可能なことがある。ティッシュボックスとさほどかわらない大きさの箱に収納され、設置時の必要工具も巻尺だけだから、軽いし紙袋ひとつで搬入出オッケー。ともすれば電車やタクシーでも可能というコンパクトさはミソとなろうか。
ちなみに書いておけば、“棒”の所用本数を何本にするか?は大きな問題で、搬入出の利便性の追求では決してなくて、作品を成立させる観点から決めることになる。だから5月頃に、作品の最終検討段階で会場の一部を使わせてもらって現地試作と実験をしていた。blogにも書いたような気はしていたものの、いまバックナンバー見てみたら特に記してなかったようだ。
“棒”は200本強用意したが、数を多くし大量に並べるという現代美術の手法にも倣って、最初は400本に増やそうかどうかと思案していた。現地試作時の検討から200本に決めたが、それは数で圧倒させるよりも芝の美しさを活かすにはとか、グループ展という形態の制約のなかで自作に余白や余韻を持たせるにはとか、そうした視点も当然のように内包する。また400の場合は、追加の200本は色を白以外に変え「2本だけの緑色」みたいなことはやめるつもりだった。
搬入出の利便性の追求ではないと書いたが、収納の箱はまだ半分くらい空きはあるから、倍に増えても大きさは変わらなかったと言えるのは余談。

15-295.jpg
15-293.jpg

大きさをつかむ尺度として画像に入れたティッシュボックスは、新潟のひとにはなじみの深かった「クスリのコダマ」製。アブブちゃんなるキャラクターがいる。 地場のコダマは全国チェーンのココカラファインにといつしか移行してしまい、長岡にはコダマと看板を掲げる店はいまあるのかどうか。ちょっとわからない。アブブちゃんのティッシュはココカラファインでまだ買えはするけれど。
そんななか柏崎市内で見つけたコダマは、用事は隣のスーパーで飲み物を買うものだったけれど、その希少性につい足が止まる。

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR