アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

01<< 12345678910111213141516171819202122232425262728 >>03


外山文彦作品記録集(2020年編集版)_2020年10月発行/
郵送にて販売中です
詳細↓
https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5768.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation

エックス展 次回第11回展のお知らせ



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2021年2月28日:アトリエZen collection 展〓展示中〓
/ウィルス対策で営業時間の変更がなされる場合もあります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.38/~2021年3月4日:高木秀俊
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


外山文彦展(TWOOL GALLERY)/第2週目を控えての雑感

15-628b.jpg
TWOOL GALLERYでの外山文彦展は、3週連続、金・土・日曜の週末のみ開催で、17日(土)迄。第一週目が無事終わりましたが、日数で数えてみると全8日間開催のうち3日間が過ぎたので、もう半ば近くです。明日9日から第二週目、第2クールが始まります。

会場の入り口(階段の上り口)に掲示した案内パネルを下に貼りますが、そこには「ここ数年の首都圏での個展発表作品などの近作を展示した」と書きました。関東での作品発表が続き新潟県内である程度の規模で発表する機会を得たいと思っていたことが背景にあり、近年の活動の回顧展的な意味を持たせての展観としています。
ここ数年の作品を記録掲載して印刷製本した小冊子は(本展に向けて制作したという意味で)今回唯一の”新作”となります。展示作品数は37になったと前に書きましたが、通常はカウントしない小冊子を”数”に含めると38作品で、展覧会の意図からもここは38に訂正したいと思います。

15-629.jpg
小冊子(作品記録集)/一台のテーブルを使って置いている        


38は多い数字で、窓枠を活かした設置や壁以外の場所にも飾っていることは多さにつながっていますが、でも無理に入れ込んだふうではなく、作品は空間に調和し、端正にたたずんでいるという感じがしています。
いい展示空間になっているとその全体写真を載せたいところですが、在廊してずっと眺めていたら、以前も書いた「これらの作品は写真での呈示がとても難しい」ことが今回の展示ではまた気にかかり、少し躊躇してます。写真は撮れても単に幾何学的デザインとか構成面の印象に終始し作品のなんたるかを結局伝えてないのではないか、という思いです。

このあたりは気が変わるかもしれませんが、とりあえず第1クールでは、そんな理由から写真は全貌がわかるものではなく断片的なものを載せるようにしてみました。さりげなく入れた文字情報などとあわせ想像(imagine)してもらえないものかしら、と考えたりしてます。

第2クールの作家在廊は金曜日が午後2時(頃)以降となります。土曜・日曜は基本在廊してますが午後1時~5時が確実でしょうか。一番上の画像は"小部屋"(いわゆる第二展示室)の作品です。
15-626-b525.jpg

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR