アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12


外山文彦作品記録集(2020年編集版)_2020年10月発行/
郵送にて販売中です
詳細↓
https://atelier-zen.jp/toyamasassi.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation

角屋幸個展 様様-samazama-
会期:2022年1月15日(土)~1月25日(火)/20日(木)休廊
会場:maison de たびのそら屋/長岡市



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
1月11日~3月6日:鶴水亜里沙 /ウィルス対策で営業時間の変更がなされる場合もあります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.45/4月21日~6月19日:
若狭浩吉 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
https://atelier-zen.jp/


2020年Zen回顧-02 旧長岡現代美術館の撮影

今年は早めにと言っておきながら予定外にだいぶ間があいた。
日曜日の01に引き続き、2020年アトリエZen回顧その02である。

16-021_2010年 16-019.jpg16-020.jpg

2020年のトピックスにはやはり「旧長岡現代美術館の建物の解体除却工事」を挙げておきたい。同ビルについては昨年までも何かと取り上げてはいたが、今年は2月に今日の旧長岡現代美術館」というカテゴリーをblogに新しく設け、以降、時々立ち寄っては「今日の」(取り壊しの)状況を撮り、アップしていたからだ。アトリエZenの企画というわけではまったくないが、私自身かなりの興味を持って記録していたから年末回顧に入れた。

今日の旧長岡現代美術館
https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-category-51.html

これは貴重な記録だと便りにしたためてきた知人が複数おられた。撮ったものを全部公開しているわけでは勿論なく、忙しかったりするとアップまで出来ずに割愛したものもあるけれど、後からバックナンバー見ながら、面白く振り返っている。
別件で10年前の写真データに必要なものが出てきて今週ハードディスク内をあたってたら、10年前2010年に撮影した旧長岡現代美術館が出てきた。それを一番上に掲げてみたが、それ以降10年間、というよりもむしろ1964年開館時以降の半世紀といったほうがいいのか、ほぼ変わらなかった点に改めて注意を向けておきたい。日本で初めて「現代」と冠した美術館が一地方都市に60年代に出来たことは当時の社会状況からも稀有な例といえるが、同時にそれが(早々と閉館したあとも)半世紀に渡りほぼ当時のままかたちを遺し続けたということも更に稀有な例である。下段の2枚は今年撮影のもの(再掲)となる。
関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR