アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

12<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>02


外山文彦作品記録集(2020年編集版)_2020年10月発行/
郵送にて販売中です
詳細↓
https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5768.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation

エックス展 次回第11回展のお知らせ



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2021年2月28日:アトリエZen collection 展〓展示中〓
/ウィルス対策で営業時間の変更がなされる場合もあります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.38/~2021年3月4日:高木秀俊
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


2020年回顧-04 My-Skipでの“雪を考える視点”の特集記事執筆

2020年回顧-04。先の03の記事に引き続き、地域情報紙マイスキップ関連、企画特集面の私の担当記事が今年2稿あるのでそちらについて。

その2稿は1月号と2月号。現代美術家・前山忠氏にインタビューし“雪でのアート”についてまとめた「雪アートに挑む美術家に聞く/雪の魅力、アートの視点」を1月号に、「私的カメラ散策日記02/大雪長岡の街を巡る」とした写真エッセイ的なものを2月号に書き、共通テーマとして“雪を考える視点”と置いた。

14-018.jpg

↑  1月号 企画特集「雪アートに挑む美術家に聞く/雪の魅力、アートの視点」  

    
14-071b.jpg

↑  2月号 企画特集「私的カメラ散策日記02/大雪長岡の街を巡る」  



2月号の私的カメラ散策日記は数年前(企画面の枠が空いていたときを狙って)書いた「タバコ屋を巡る」に続く2回目で、私的なカメラを“公”的な雰囲気もある当紙の特集に書くに訳を入れたくなり、かつ、今年2月は雪が皆無だった(のに“大雪の写真を載せる”)ことにも言い訳が必要で、まえがきにはそうした執筆理由を書いた。そのまえがき部分を転載する。
1月号の「雪の魅力、アートの視点」のほうはそうしたことを既にblogに転載済みだから、執筆動機なり概要は過去ログを参照ください。

私的カメラ散策日記02 大雪長岡の街を巡る
大雪長岡の街を巡るという表題にした。のっけから編集事情の話で恐縮だが、月刊紙の常で原稿の締切と発行月とはタイムラグが大きくあるもので、本稿を書いているのは昨年の12月25日。二週間以上前に初雪は降ったけれどその積雪はすでに影もなく、けれど本号が配布されるころは例年のとおり雪も積もってるだろうとそのタイトルで書き始めている。が、大雪かどうかは見当もつかず、だから掲載した雪の写真は今現在のものではなく、ちょうど二年前、2018年2月の長岡の風景である。
この年のこの月、異常なほどの一気の降雪だった。自分自身のエネルギーもすっかり雪に消費されていたけれど、ウエブ上に記していた日記(ブログ)に雪の光景を写真に撮ってよく載せていた。降雪風景をただ撮るだけでなく、視点を変え「変換」を試みたり「雪そのもの」の姿を狙ったりなど、後から見直すと無意識にも雪をいろいろと撮っていた月だった。
そこで手前味噌ながらそれらを本稿で紹介することとしたい。先月の新春号本欄では「雪」を取り上げ、雪アートに挑む現代美術家・前山忠さんにインタビューし雪をどう捉えるかを考える観点での特集をおこなったが、今号はその「雪を多角的に捉える」特集の第2弾と位置づけた次第である。

(月刊My-Skip2月号企画特集/ まえがき部分を転載)



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR