アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

02<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>04


外山文彦作品記録集(2020年編集版)_2020年10月発行/
郵送にて販売中です
詳細↓
https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5768.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation

エックス展 次回第11回展のお知らせ



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
3月1日~5月9日:頓所康則展(ペン画)〓展示中〓
/ウィルス対策で営業時間の変更がなされる場合もあります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.38/~2021年3月4日:高木秀俊
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


つまり検察側の証人

  


アガサ・クリスティの戯曲「検察側の証人」を原作とする映画「情婦」が面白いと聞いていたので、BSでの放映を録画していた。放送はもうだいぶ前のことでたしか昨年だったか、BDに入れたはいいがそのまま置きっぱなしだったのをようやく視聴。なるほどこれはよく出来ていて、すこぶる面白い映画だった。映画の原題はWitness for the Prosecutionで、つまり検察側の証人。クリスティの原作と同じである。

1957年アメリカ映画で、脚本・監督はビリー・ワイルダー。大雑把なあらすじを書くと、ある男が殺人の容疑で逮捕されての法廷劇で、犯行時刻には既に自宅に帰っていたという当人のアリバイを証明できるのは妻だけなのだが、その妻はなぜか謎めいていて、本来ならば(無実を訴える側としての)弁護側の証人のはずが逆に(有罪を立証するための)検察側の証人として出廷してきた、という話。だから原題の「検察側の証人」は反転が効いていてそこに意味も内包する。 シンプルかつストレートないい題だけに「情婦」なる邦題は気に入らないところで、内容を勘違いさせそうなだけでなく別な方向へのストレートが過ぎ、なんでこんなタイトルに改変したのかと思うことしきりである。
物語は、男を弁護することになる老弁護士(チャールズ・ロートン)の視点で進む。病院から退院したばかりで、体調を危惧する口喧しい付き添い看護婦(エルザ・ランチェスター)とのやりとりがコミカルで絶妙と思ったら、この二人は実生活でご夫婦なのだとのこと。

さて、ネタバレは書かないようにと思うけれど、例えばミステリー本の裏表紙に「クリスティを彷彿させる傑作」だと紹介PRがあるだけで「はは~ん、●●のあのパターンかね」と見当をつけてしまう人もいるから、なかなか難しい。でも、もう名作に分類される60年以上も前の作品だからと一言だけ書くと、結末のドンデン返しが圧巻である。細かく書かずとにかく圧巻とだけにしておくが、エンドロールには「この結末は口外するな」と流れてくる。それも納得なほど。

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR