アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

02<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>04


外山文彦作品記録集(2020年編集版)_2020年10月発行/
郵送にて販売中です
詳細↓
https://atelier-zen.jp/toyamasassi.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2024年1月8日まで:舟見里留

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.53/~2023年12月17日まで:中川采花 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
https://atelier-zen.jp/


今となっては逆接的どんでん返し



最近古書店で買い求めた文庫本「どんでん返し」。笹沢左保である。
1981年刊行だからもう絶版なのかもしれないし、中町信の復刊フェアがいまなされるように書店でも置かれてるのかどうか知らないけれど、タイトルが単刀直入で、いや、ネットには“どんでん返しミステリー小説ベスト100”といったどんでん返しランキングのサイトが溢れている現況からすれば、あまりにも単刀直入に過ぎる表題である。
推理小説をよく貸してくれるKさんはいわゆる「どんでん返し」ものが好きだからと、たまたま古本で見かけた直截すぎるタイトルに面白がりたまにはさしあげようかなんて買ってみたわけだ。まぁ正確に言うならば、どんでん返しよりも、私としては帯に書かれている「全編会話文のみ」という構成のほうに魅かれたことが大きい。全6話収録の短編集という形態で、2人の会話文だけで(他の描写文は入らずに)すすむ。

ネットにいま出てくる「どんでん返し」ものは、たいてい綾辻行人の「十角館の殺人」を代表作に挙げるように、叙述トリックの場合が多い。それは結局著者が読者を“騙す”スタイルになるから、十角館の殺人で“最後近くのあの一行で世界が反転した”と言わしめたように、派手などんでん返しがしやすい。
綾辻行人が同書でデビューしたのが80年代後半で、推理小説の分野で「新本格」という言葉が出るのもその頃以降だから、1981年刊行の本書の「どんでん返し」ぶりは相当に異なるもの。だからタイトル自体が今となっては逆接的どんでん返しになってしまっていて、どんでん返しと謳っているのに(今の感覚の)どんでん返しにはとうてい至ってなく、そこにどんでん返しをくらうわけだ。
話としては、中には小学生が出すなぞなぞのようなオチで終わった作品(皮肉紳士)もあるにはあるが、ある程度まとまっていて、軽く読めるのはいい点。会話文のみというのはどんなものかと思ってたが、さすがうまいもので意外なほど読みやすい。なのでタイトルに一切期待を寄せず、気にしないで読むというのが正解である。そうすると読後感も悪くはない。
16-352.jpg
因みにいうなら、帯の「圧倒的に騙される」というのも逆接ひっかけで、ここまで連呼してしまうと、13個も「騙される」と謳った帯に逆に騙されるという寸法になろうか。
関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR