アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05


外山文彦作品記録集(2020年編集版)_2020年10月発行/
郵送にて販売中です
詳細↓
https://atelier-zen.jp/toyamasassi.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2024年1月8日まで:舟見里留

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.53/~2023年12月17日まで:中川采花 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
https://atelier-zen.jp/


田中幸男展と佐藤昭久展/長岡での二展


長岡市内で開催されている二展を昨日は廻る。長岡駅からは両展ギリギリ徒歩圏内であろうか、maison de たびのそら屋での「田中幸男個展」とギャラリー沙蔵での「佐藤昭久個展-時の記憶-」。まず掲げた画像は田中幸男展のほう。
18-511b.jpg
キャンヴァスにアクリル絵具でのいわゆる平面絵画も飾られているが、幾何学でいう三角錐の集まりによるレリーフ作品があって目がとまる。このギャラリーでの前回の氏の個展(2019年)の際、レビューというよりも単なる感想みたいなところではあるが数学について記していたことを思い出した。

18-513.jpg  


佐藤昭久展は、ここ15年間くらいに出展した展覧会(主には「戦争と平和展」「国際メールアート展」といったテーマ展)の作品を1階空間に並べ、「時の瓶詰め」と称し作家コレクションの如く瓶に入れられた“もの”と含め、タイトルにもなる「時の記憶」というテーマが浮かびあがる。
氏は私の認識では「絵画」を追求する作家であり、作家自身もやはりそのように言った。その意味では会場に立体作品が多いことに気づくが、テーマ展が大きな空間で与えられたときには立体を手掛けることもあり、その(15年くらいの)蓄積 を面白くみるわけだ。ちなみにここ15年くらいの作品ということではちょうど10年前に氏の個展の展評を新潟日報紙に寄稿したことがある。田中展と同様に、観ていたら過去の記憶が頭に浮かんだ。
18-514b.jpg
18-512b.jpg
18-515b.jpg
↑は2019年ギャラリー湯山「国際メールアート展」に出展された作品で、図抜けた傑作と思う。鯨を描いた絵を(粗紐でくくっただけで絵が見える状態のままに)郵送したメール・アートは作家居住地の魚沼市湯之谷からまず中国(の協力者宛て)に送られ、そこから上越市の展覧会事務局に向けて郵送搬入している。片面には魚沼→中国の宛名に切手と薄緑色の税関告知書が貼られていて、裏面を見ると中国→上越への宛名と(当然だけれど中国の、意外とカラフルな)切手。つまりこの1枚両面それぞれにはメールの行為や記録をも残していて、かように海を渡った“鯨”はメールアートとして完結している。
18-518.jpg
18-517b.jpg
実際これをやろうとしたときに、中国の郵便当局に対してこの行為はアートであること、どういうアートなのかその目的と意味の説明文書を作ったりなど苦慮があったと、在廊していた作家から説明を受けた。作品内にはうつらない背景だったり苦心があるようでそこも興味深いところ。また2階の喫茶室では今年制作の和紙+油彩による小作品群の展観。


田中幸男展/10月15日~23日、maison de たびのそら屋
佐藤昭久展/10月21日~25日、ギャラリー沙蔵
関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR