アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05


外山文彦作品記録集(2020年編集版)_2020年10月発行/
郵送にて販売中です
詳細↓
https://atelier-zen.jp/toyamasassi.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2024年1月8日まで:舟見里留

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.53/~2023年12月17日まで:中川采花 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
https://atelier-zen.jp/


空間を使い絵画として表現

3月17日(日)からの「エックス展vol.13にゲスト作家として参加するサトウアキヒサさんについて、もう10年以上前のものとなりますが、新聞に掲載された個展のレビュー記事が手元にあります。
氏の経歴にも触れられている内容だからと、作家紹介を兼ねて下に転載しておきたいと思います。 本名の“佐藤昭久”名で活動してきた作家ですが、今回は作家名をカタカナ表記でと希望されました。


2012年5月24日 新潟日報文化欄 掲載
佐藤昭久個展「窓」(29日まで、新潟市中央区万代のギャラリーゆうむ)
佐藤昭久(魚沼市、1960年生まれ)は20代のころ、卵型で厚みのある自作シェイプトキャンバスにドリッピングで描いた抽象絵画で個展活動をスタートした。87年、県下のコンテンポラリーアート系の作家が結集した「新潟現代美術32人展」(旧長岡現代美術館)へ参加、以降、現代アート展への出展も数多い。
今回の個展では、石膏で円形状に型どり、油絵具で着彩した作品13点を並べる。個々はほぼ単色に塗られ、13点13色といった様相。円形という支持体には長年取り組んできた変形キャンバスの流れを感じられなくもないが、かつての有機的なフォルムは消え、色もかたちもミニマルな方向に進みつつあるようだ。
そのなかで掲げた「窓」というテーマに、いささかの興味をおぼえた。窓といっても物理的な意味ではなく、もちろん窓からの景色を描写し再現したわけでもない。円形状の絵画はそれ自体、見方によっては窓と結びつかなくもないが、佐藤は「鑑賞者にとり自身の思いを引き出す装置」として「イメージの窓」という言葉を使う。
ここではインスタレーションを試み、画廊空間に既設する現実の円形窓も作品の要素とするかのように、13点を空間に点在させている〓写真〓。コンテンポラリーの流れにありながら絵画表現にこだわる佐藤とすると、現実とイメージが交差するなか、空間全体でひとつの絵画を成立させたいとする企てだろうか。

(外山文彦・美術作家)

21-051bs700.jpg
21-020b525.jpg

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR