アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05


外山文彦作品記録集(2020年編集版)_2020年10月発行/
郵送にて販売中です
詳細↓
https://atelier-zen.jp/toyamasassi.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2024年1月8日まで:舟見里留

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.53/~2023年12月17日まで:中川采花 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
https://atelier-zen.jp/


同時開催のサトウアキヒサ展に関連して

エックス展(vol.13)は3月17日(日)から。だから開幕までちょうど1か月となる。今展の特徴のひとつにはゲスト作家(サトウアキヒサ)を招いたことがあり、氏の個展スケールでの展示を同時開催することになっている。

エックス展では初期のころ、使っていた新潟市美術館の市民ギャラリーがスクエアな空間がふたつつながっていたことを活用し(かつ、ほとんど気付く人はいないが便宜的にA室B室と小さな表示がなされていることも活かして)、一室に別軸の展覧会を加えることを時にしていた。例えば「エックス展vol.2」では、A室のほうを「4人の風景」と題したコンテンポラリーの展覧会とし、2展同時開催としている。

21-019.jpg
美術館に表示された同時開催の案内 (2011年のエックス展2)


だから「2展同時開催」というスタイルならば初ではないが、 嘗てはDMも完全に別々にして展覧会自体切り離されていた。今回はゲスト作家としてサトウさんの作品を、ゾーンは分けるもののエックス展企画の中でおこなってコラボレーションを図るという趣旨で、案内チラシもひとつに組み合わせている。 案内文に「今回初めての試みとしてゲスト作家を招き…」と「初」と書き入れたのは、そうした展覧会の構成からとなる。
特に質問を受けたわけではないが付記しておこうと思う。また過去記録を見てたら、2011年のその「エックス展2&4人の風景」の会場写真を載せたblogページも出てきたからいちおう下にリンクを。いちおうと書いたのは、当時使っていたblogメーカーの仕様だったと思うのだが画像サイズが小さくて、いま見るにわかり辛くあるからだ。
[エックス展vol.2&4人の風景 会場写真]

この「4人の風景」なる4人展にはサトウ(佐藤昭久)さんも出展している。リンクの画像中、青い円形の作品群がそれである。 また氏の近年の発表では一昨年2022年の個展を写真入りで紹介していたからと、作家紹介も兼ねてそちらのリンクもこちら↓に。
https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-6581.html


サトウアキヒサ
1960年新潟県湯之谷村(現・魚沼市)生まれ。
1979年新潟県美術展覧会(長岡市厚生会館)、1986年自由美術展(東京都美術館)の出展を経て、1987年に長岡現代美術館跡地へ新潟県下の現代美術作家を集結させた企画「新潟現代美術32人展」に参加(旧長岡現代美術館、当時の長岡商工会議所美術文化ホール)。
1987年からアトリエ我廊、Zen、小出郷文化会館、mu-an、ギャラリーdotONEなど新潟市・長岡市・魚沼市他で個展30回。
近年(2012年以降)の主な作品発表として、2012年「GUN-新潟に前衛があった頃」(新潟県立近代美術館)、2018年「ドローイングの現在-〈創造〉の生まれる所」(ギャラリー湯山/十日町市松之山)、2020年「増殖と破滅のはざまで」(ギャラリー湯山)、2022年「越後妻有国際メールアート展(大地の芸術祭/ギャラリー湯山、奴奈川キャンパス)、2022年佐藤昭久展「時の記憶」(ギャラリー沙蔵/長岡市)、2023年「FINAL」(ギャラリー湯山)
21-020b525.jpg

関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR