アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05


外山文彦作品記録集(2020年編集版)_2020年10月発行/
郵送にて販売中です
詳細↓
https://atelier-zen.jp/toyamasassi.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2024年1月8日まで:舟見里留

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.53/~2023年12月17日まで:中川采花 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
https://atelier-zen.jp/


エックス展vol.13-会場風景03/サトウアキヒサ作品ゾーン

21-115b800.jpg
先週会期終了したエックス展vol.13について、(未掲載の)画像を近日アップすると書いておりました。前回のエックス展の際と同様にそう言いながら1週が経とうとしてますが、ようやくアップを始めます。まずはゲスト作家のサトウアキヒサ作品ゾーンから。
氏にはDMにも記載あるように「個展スケールでの展示」を依頼し、そのうえでのゲスト出展。壁面を飾る大作のほか立体も多数交え、物・量とも圧倒させるような空間でした。

[サトウアキヒサ作品リスト]

21-120b800.jpg

21-123b800.jpg
21-128b800.jpg
画像中央の台上にオブジェとして置かれた作品が、会期中にアップした作品リスト中にもコメントを付記しておりました「鯨のメール・アート」。元々のメール・アートは輪の中に吊るされているものとなり、手前側が作家の住む湯之谷から中国・黒竜江省(の協力者宛て)、反対側が黒竜江省からギャラリー宛となってます。

鯨ということでは「心象鯨図」と題したS50号の絵画が3点。下の画像、左側の壁面。
21-116b800s_20240331085204658.jpg

21-119b800.jpg
白いかたち (2024年3月)

21-126b800.jpg
21-117b800.jpg
時の瓶詰-100の記憶- (~2024年)
そのときどきの(作家の)記憶や記録を瓶に封じ込め座卓に並べています。「時の瓶詰作品は手に取ってご覧いただける」と掲示がなされ、興味をそそられた来場者は蓋に貼られたラベルを頼りに取り出しては、驚いたり懐かしがったり面白がったり。瓶には簡潔なラベル以外に説明の要素は無いなか、こんな時代もあったのねと考えたり。作家が居るとそこで対話なり話もはずんだりで、そうした展開ぶりを傍でみておりました。
前回会場画像をアップした際にエックス展初参加の松元那々子さんの作品をインタラクティブアートと書き、最終日のギャラリートークでも「参加型アートとしての面白さ」といった発言をしたのですが、サトウさんのこの作品もひとつの参加型アートとして捉えられます。

21-121b.jpg
石の月 -2011地球の石- (2022年~2023年)
21-118b.jpg
母子像 (2024年)
21-129b800.jpg
壁面の作品、左から。令和6年の図(2024年)、Copper moon(2024年)、青不動(2024年)
関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR