アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05


外山文彦作品記録集(2020年編集版)_2020年10月発行/
郵送にて販売中です
詳細↓
https://atelier-zen.jp/toyamasassi.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2024年1月8日まで:舟見里留

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.53/~2023年12月17日まで:中川采花 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
https://atelier-zen.jp/


雑感として/エックス展の位置付けへの視点

エックス展vol.13。閉幕してから日も経つのに、未整理の画像をようやく4月1日・3月31日の2日で22枚載せたが、今日は“雑感”的なもの。 最終日に来場されたギャラリストのかたがその後SNSにアップしていた内容(下記の赤字)が考えるになかなか興味深く、それに関してである。

そのかたが来られたときは、上越市在住で新潟県を代表する現代美術家2名が偶々来場されていたこともあったのだろう、そのお二方のこれまでの活躍もふまえながらの発信を抜粋すると、
(前段略)……どうしても中越、上越地域は現代美術が強いという印象を否めない。こうしたことは、過去に全国で初めて現代美術館が長岡市に設置された歴史的要因が大きいのではと思う。この流れにエックス展を位置付けることも可能なのではないだろうか」と提起され、「 15人の若手クリエイターたちが参加。ゲスト作家として、ベテランの現代美術家・佐藤昭久氏の作品が一室を埋めていた。若手作家の将来を考えると心にくい企画と言えるだろう」と結ばれていた。

私自身は、これら歴史的な流れにエックス展を位置付けることはまったく意識の中になく、だから最初、相当に意外な感じがした。 エックス展はその発祥からしてもそうだけれど、(現代アートと標榜する出展者もいるものの)展覧会としてそもそも現代美術を謳っていないこともある。でも、なにぶんSNS上のことで字数も限られての発信、意外過ぎたものの面白い意見だからとちょっと思索してみると、気付いたのは単純に「展覧会として」ではなく「企画者個人」に焦点をあてて展覧会を考えるとするなら、その視点からの考察もあり得はするんだろうなということ。
企画者は大学卒業してまだ間もない頃、上述の「新潟県を代表する現代美術家」が中心となり企画した新潟市美術館での展覧会に(おそらく最年少で)参加していて、解釈はいろいろあるにしても傍目にはそういう「流れをつなげた」視方も出来そうだからだ。あくまで可能か否かという範疇ではあるが、なるほどそういう視方もあるのかと新たな観点の提示を面白く思った次第。
これ以上詳しくはここでは書かないけれど、氏の発言をひとつの記録として留めておくことにしたい。画像は今回のエックス展での1枚で、雪が降った朝、会場入りする際のもの。

(2024.04.03 am8:00)

21-153.jpg

関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR