アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

アトリエZen 展覧会案内
infomation

アトリエZen in TWOOL GALLERY vol.01
外山文彦展
〓終了しました〓
2020年10月2日~17日、金・土・日曜のみの開館/12:00~18:00
会場:TWOOL GALLERY
展覧会案内】 【記事index
vol.02
-壁面の鉄-霜鳥健二展

10月24日(土)~11月15日(日)の金・土・日曜のみ開催
会場:TWOOL GALLERY
展覧会案内



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~6月14日まで:三上喜貴
6月15日~8月23日:髙橋ノリユキ
8月24日~10月25日:鶴水亜里沙 〓終了しました〓
10月26日~12月27日:
品田朋香〓展示中〓
/ウィルス対策で営業時間の変更がなされる場合もあります。長岡小嶋屋のホームページ等最新情報を確認ください


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.37/10月15日~12月13日:小野澤七星
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


品田朋香作品 展示中 (長岡小嶋屋CoCoLo長岡店)


15-751b.jpg


長岡小嶋屋CoCoLo長岡店の店内展示。現在は品田朋香さんの絵画7点を飾っています。(12月27日まで展示中)

展示案内https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5696.html
展示風景・作品リストhttps://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5703.html

作品の問い合わせはこちらに 【アトリエZen (メールフォーム)

旧大和長岡店

昨日は大手通りに行ったので久々に旧大和長岡店の解体工事現場を撮ってみる。 パネルで完全に囲われての作業だから外目には一見変化がなさそうに見えるけれど、2か月に載せていた画像を見直すとやはり少々違う。

15-749a.jpg15-750a.jpg

右下の画像は大和長岡店とは関係なく撮った、アーケードの段差。

第23回長岡デッサン会作品展


第23回長岡デッサン会作品展に。
昨年の第22回展は「アート四季」での開催だったが、今回は新しく出来たスペースの「アート○(art maru)」が会場。DMには“絵を描くのが好きでたまらない仲間の会”の作品展だと謳われていて、ギャラリー第一番目の展示となるようだ。

15-746pa425.jpg
会場のギャラリーは丸岡医院に隣接して建てられたもので、同医院の看板にも小さく記されていた。内部空間とか作品とかは撮れないので画像は建物入口とか看板になってしまう。

第四銀行と北越銀行

15-744s_202011241044015a5.jpg 合併前の、第四銀行と北越銀行。

すなわち25%増し

印刷物の制作が2件あり、この3連休は合間みてそうしたデザイン作業をしていた。比較的急ぎの1件はこのあと今日にも印刷に回し、もう1件もほぼほぼまとまってはいるが、こちらは少し寝かせてから仕上げたいと思う。

先週の日曜日に、地域情報紙マイスキップに掲載するコラムに関して、「次号12月号、すなわち最終号の分の入稿はすでに終わっている」と書いていた。その後の1週間で紙面全体の校正も完了し、こちらも連休明けの本日印刷に回る見込み。
最終号ということで今回増ページになっていて、編集作業に時間かかったほかに、印刷所の作業にもいつもより数日程度時間を要することになっている。3~4日程度と思われるが、通常月よりも発行が若干遅れるということでお含みください。
増ページと言っても増えたのは2ページで、でも通常8ページが10ページになるので割合で言えば大きくて、すなわち25%増し。

まずはゼロから

15-742.jpg


発行されたと同時くらいに買っていたNewtonの12月号を、ようやく読み始めている。書店でパラパラと見たときは「土はそもそも何か?」という8ページの記事にも興味をひかれたけども、お目当ては特集の微積分。

表紙には「ゼロからわかる」と書かれていて、通常使われる「一からわかる」ではなく「ゼロから」なのはミソだろうか。
例えばゼロ除算(0で割る割り算)は数学的には成立しないが、微分積分を「(そうした一見答えが出そうもない)0(ゼロ)についての計算を追求していくなかで生まれた数学」と捉え、特集はゼロを考えることから始まっている。

Newton 2020年 12 月号

企画の雑感-02と現代アーチストセンター

“シリーズ「アトリエZen in TWOOL GALLERY」企画の雑感”なるタイトルで昨日書いていたら、blogに記したとばかり思っていた「アトリエZen in …なる今回の名称の由来」が、下書きで止まっていてアップはされてなかったと気付いた。下書きをweb内でしていればよかったが、パソコン内の適当なところにワードとかで適当にしたためたりすると、往々にして失念したりする。

“名称の由来”と言っても何か凄い理由があるなんてことでもない。
TWOOL GALLERYオーナー氏から「アトリエZenの名前を大きく打ち出してほしい。2階にアトリエZenが入ったかのイメージで」と名称の提案があり、それですすめたというもの。でも自分自身からアトリエZen in…と命名する発想は出なかっただろうし、また3作家の共通項で現代アーチストセンターに触れてもいたからと、以下、ほとんど出来ていたその草稿を、昨日と重複するところもあるが「雑感-02」としてアップすることにした。



シリーズ「アトリエZen in TWOOL GALLERY」企画の雑感-02
アトリエZen in TWOOL GALLERYと記したこの10~11月の企画は、TWOOL GALLERYオーナーのWさんとたまたま知り合い、2階を活用することを考えている(まずは喫茶的なスペースを設けたい)と聞いたことがきっかけでそこから話が展開したもの。スペースの素養の高さからそれならば展覧会を2つ連続させてみましょうと今回の企画になったわけだ。当初はシリーズ名称を別の名前で考えていたけれど、Wさんから「アトリエZenの名前を大きく打ち出してほしい。当店の2階にアトリエZenが入ったかのイメージで」と表記の名称の提案があり、それですすめることとした。
外山文彦展(第二展示室併設:蒔田圭展)、霜鳥健二展と、1か月半で3人の作品を展示。ミクストメディアの現代絵画に動物を描いた細密な油彩画、鉄の彫刻家が挑んだ壁面レリーフ作品と、3作家の作品はまったく異なり、それが企画上のキーであったけれど、後から気づいたことは3人とも「現代アーチストセンターが東京都美術館で企画開催する展覧会」への出展歴があるということ。 たしか現代アーチストセンターは一度出展すると、特に会費負担があるわけでもないがそのまま「会員」扱いになったはず。特に意識はなかったけれど、だから三人共現代アーチストセンター会員というわけですね。

現代アーチストセンターは、1975年に東京都美術館が上野公園に開館したと同時に立ち上がった「無所属美術家会議」が端緒。東京都美術館は公募団体展が多いことを見てもわかる通り、展覧会会場として外部からの借用も出来る仕組みになっているが、でも人格を持った団体でないと借りることは出来ない。それはおかしい、どこかに所属してなければ一切使えないのはどうかと発足したのが無所属美術家会議で、同会議が1980年に現代アーチストセンターに引き継がれて現在に至る。今年で40年だ。ちなみに来年の現代アーチストセンター企画は「こどもたちの未来を救う、Tシャツアート展」とのこと。
http://artistcenter.web.fc2.com/


さて下の画像は2002年度の現代アーチストセンター企画展(原風景展)の論評がなされた同年9月6日の新潟日報文化欄。20年近く前の、いささか古い記事で手持ちのcopyは書き込み等で綺麗なものではなかったが、2作家の見出し掲載がなされているからとあげてみた次第。
15-741b.jpg

シリーズ「アトリエZen in TWOOL GALLERY」企画の雑感

この15日の霜鳥健二展の閉展をもち、今秋のTWOOL GALLERYでのシリーズ企画展「アトリエZen in TWOOL GALLERY」も無事に終了となりました。


TWOOL GALLERYの木造2階建ての建物は柱や梁があらわしで、そんな木の軸組と白い壁が映えるスペース。階高も高く、大きな窓がある開放的な空間は魅力的な特性を持つ場所でした。来場されたかたは(ほとんどがこの場所に初訪問ということもあり)一様に驚かれていましたが、2展ともその空間特性を活かした企画提案で、かつvol.1の「現代絵画とインスタレーション」、vol.2の「鉄彫刻とレリーフ」のそれぞれで、色合いを特徴づけて変化させました。2展連続の「シリーズ」企画としての意義も大きく出せたのではないかと思います。

いま「空間特性を活かし」と書きましたが、その特性は必ずしもよいことばかりではなく、例えば窓のある明るい空間の一方には、窓から日が射し込むというデメリットや展示上の制約が内包されています。ですから実際には展示の難易度は高く、それらも組み入れたうえでの企画でした。店のオーナー氏らからも高い評価があり、オーナーとの出会いから急遽今年立てた新企画でしたが、アトリエZen的な発想や感覚も生かせ、やれてよかったと考えているところです。

展覧会中に「次回のvol.3展は?」との問い合わせも多く受けました。中には、vol.1に来場されたあと「vol.2に行けば次の展示案内が出ているはず」とそれも楽しみに再来場された(=早くも常連となった)かたもおりました。そうした問い合わせには「次回計画は検討中」と答えておりましたが、TWOOLGALLERYに控えていたリニューアル計画がここにきて始動の見込みとなりました。スペース等の変化もありますので、今回のようにこの空間全域を駆使する展示となると最初で最後の可能性もあります。企画者側にとっても鑑賞者側にとっても、今回は貴重なシリーズ企画になるのかもしれません。

15-529b800.jpg15-738white.png15-578b.jpg
15-738white.png
アトリエZen in TWOOL GALLERY
vol.01 外山文彦展:2020年10月02日~10月17日 [記事index
vol.02 霜鳥健二展:2020年10月24日~11月15日 [記事index

15-740.jpg15-739a.jpg

↑ vol.01の外山文彦展の展示風景。右画像は同展第二展示室から  

本日の天気ではなく

15-736a.jpg
今朝のblogに記していたが本日午前中はTWOOL GALLERY霜鳥健二展の作品搬出&片付け作業。終了後お昼ご飯は(作品搬入時に行って美味しかったからと)同じ店に。この日はマーボー飯にした。前回のときはメニューになかったから、システムをよく把握してないが時折日替わり的に加わるのかもしれない。

画像中の「HARE」は本日の天気では勿論なく。

(2020.11.16 pm19:00)


«  | ホーム |  »

カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR