アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06


外山文彦作品記録集(2020年編集版)_2020年10月発行/
郵送にて販売中です
詳細↓
https://atelier-zen.jp/toyamasassi.html

アトリエZen 展覧会案内
infomation




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2024年1月8日まで:舟見里留

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
vol.53/~2023年12月17日まで:中川采花 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
https://atelier-zen.jp/


パレスチナあたたかい家(فلسطين، بيتنا الدافئ)

21-188b700_20240506053624ad6.jpg

訪問した「渡邉葉月個展-Walk around works」で、神奈川県で開催中のイベントの案内をいただいたので上に。 当の渡邉葉月さんも出展している。
彼女とともに先の「眼差し」展の出展者からはKanicco Ceramicsさんも参加。

パレスチナあたたかい家(فلسطين، بيتنا الدافئ)
会期:5月2日〜5月12日/会場:NAMNAM SPACE (川崎市・登戸)


・開催前の4月19日に掲載された、美術手帖での同展紹介記事
https://bijutsutecho.com/magazine/news/exhibition/28817

Walk around works


昨日は前回記事に書いた渡邉葉月個展「Walk around works」に。
作品を一口に言うならば金属工芸。鍛金による作品のほか、ジュエリー、金属板にメッセージ性のある言葉を彫ったレリーフ。白とシルバー色のと言える展示空間が端正でとても綺麗だったからと、撮影可否を聞き写真におさめてみるが、西面に大きくある連続窓からの自然光は撮影の難度を高めていて(作家に聞いてぜひと言われたものの)ちょっとたいへん。個々の作品ではなく空間のほうに焦点をあて。Walk around worksの文字は白い壁に直接鉛筆で描かれている。
21-184b800.jpg
21-183b800.jpg
21-185b800.jpg


タイトルのWalk around worksをいま書きながら、だいぶ昔に購入した川村結花のアルバム「around the PIANO」を思い出した。

ぬくみにふれる展と渡邉葉月個展

21-179b800.jpg
このGW期間中、4/27から始まり(途中休廊を数日挟み)後半会期が5/3~6という会期が同じの2展。両展に互いの関係は無いはずだが、いずれも長岡駅から徒歩圏内にあるビルの空きスペースを使っての、一般ギャラリーとは様相を違えた「場」であること、長岡造形大学の卒業生が展示していることも共通している。

●画像左:「ぬくみにふれる」 出展/小熊雪乃、田中真悠子、廣田わかな
会場:武田ビル1階 長岡市城内町3-5-14/11:00~18:00(最終日16:00)
●画像右:渡邉葉月個展「Walk around works」
会場:長岡アートコレクティブ模様/長岡市殿町1-1-5近藤ビル2階/13:00~17:00(最終日15:00)

両スペースとも前回の展覧会時に会場のことにもちょっと触れて記しているので、上記会場名にそのリンクを貼った。
先に「ぬくみにふれる」展を29日(月・祝)に行っている。前回の4人展から出展者の変動があるが、田中さん、廣田さんは変わらず出展でそのお二人がちょうど在廊していた。 廣田さんの水彩画は、身近にある簡潔なモチーフを白い紙にシンプルに描くものだが、壁面に円形の板を少し浮かせて取り付けそこに紙のまま(密着させずここでも少し浮かすようにして)貼るという展示方法。小さく描かれた水彩は最初大きな紙に描き、後から自由なかたちに切り抜いたもの。紙なりキャンヴァスなり支持体の形や大きさを決めたあとに描くのではなく、逆転させた手法で、さりげなく見せつつ苦心してある展示方法とともに作者説明を興味深く聞いた。
田中さんは前回展で小型犬を巨大化させた木彫を出展されていたが、その木彫はこのスペースの常設扱いになったらしく(そのため前回展より位置をずらしほんの少し控えめな佇まいになったものの)健在で、今回は絵画小品とミニチュアオブジェ。小熊さんは猫をモチーフにした油彩と版画。

外山文彦 作品展示 (笹川眼科 院内展示/Art Space Bright Light)

5月となりました。本日は長岡市大島本町・笹川眼科内(中待合室)に飾っている作品を入れ替えに行きますので、まずはそちらの案内を。 21-178b800.jpg Washed surfaces -4G/2024年

Art Space Bright Light 第43回展示
外山文彦  作品展示 

会期:2024年5月2日~7月末迄予定 (※会期最終日は次回展示入替えの都合で若干の前後があります)
会場:笹川眼科・中待合室 【長岡市大島本町】
今年の東京での個展でも人気を博したWashed surfacesと題する小品のシリーズを中心に、デジタル版画の作品4点を展示
※ クリニック内の展示で、検診や通院で訪れるかたに楽しんでもらうという企画趣旨となります。通常のギャラリーのように誰でも自由に入場可能ではないことをご了承ください。

外山文彦 TOYAMA,Fumihiko /長岡市生まれ、長岡市在住
[近年の個展(2018年以降)]
2018年 art Truth(横浜市)、 2020年 TWOOL GALLERY(長岡市)、2022年 ギャラリー湯山(十日町市、大地の芸術祭の里/東京在住現代美術家巳巳氏とのW個展企画として)、 2024年 Gallery MIRAI blanc (東京・大森)

sasagawa

ジョン・ケージがいいのでは

大学1年の授業で出された課題「現代美術作品の模倣を実行する」に対しどう応えるか云々カンヌンと1週間前に書いていた。
そこで記したフェリックス・ゴンザレス=トレスや関根伸夫は経費が掛かりすぎたり労力が掛かりすぎたりで、書いてはいたものの真面目過ぎるしあんまり面白くないなぁと思っていたら、だいぶ意表を突いたところで音楽家のジョン・ケージがいいのではと浮かんだ。ジョン・ケージの作品といえば勿論、代表作ともされる楽曲『4分33秒』。 楽曲と言いながら、4分33秒の間、何も弾かないというものである。
だから費用も労力も掛からず模倣も至極簡単。街角のストリートピアノとかで、「ジョン・ケージ演奏中」とプラカード掲げて4分33秒。課題作品的にはそのさまを映像に撮るだけである。

問題はジョン・ケージが現代美術かどうかということ。議論を要するところだし本来は違うんだろうけれども、そこは「私は現代美術と捉えている」あるいは「そう捉えた」と言い張るしかなく、そこも面白さのキー。理論武装を(大学1年生なりに)しなくてはならないが、ケージ自らも晩年ビジュアル・アート作品を手掛けるし、1994年には水戸芸術館の現代美術ギャラリーでジョン・ケージ展が(開館5周年事業として)開催されているしで、拾えるネタはあると思う。

ちなみにウィキ見ると「4分33秒」は、「楽譜では4分33秒という演奏時間が決められているが、演奏者が出す音響の指示がない」と(2024年4月29日現在)記されているが、どうやらもっと正確に言うならば、「演奏者が出す音響の指示がない」=全ての楽章に休符(正確には長い休みを意味する“Tacet”)のみが書いてあるとのことみたい。東京藝術大学音楽学部に在籍しているかたが休符のみの楽曲だとそう記されていて、演奏者が出す音の指示がないことと休符という指示があることは同じに見えても美術思考的には違うから、面白く思った。

若狭浩吉作品/展示リスト (ラ・ボントーン)

ベーカリー「ラ・ボントーン」に現在飾っている、若狭浩吉作品の展示リストです。および先日(4月25日)に引き続き店内展示風景を。


 若狭浩吉 展示作品リスト
 展示案内https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-7116.html
 no.
 作品名
 技法/大きさ(額サイズ) 制作年
  1
 微笑んで悲しむ
 どちらも同じ事をしている
 パステル画/259×366mm 2021年
  2
 ひとつづつ
 ひとつひとつが旅に出る
 パステル画/259×366mm 2021年
  3
 地球の変動
 谷川の声  山々の色
 パステル画/259×366mm 2020年
  4
 ただそこに在りて
 天地鳴動し  人此に在り
 パステル画/259×366mm 2018年
    11-501.jpg

  bonton    

21-174b800.jpg
21-177a.jpg21-176a.jpg
21-175b.jpg

CONCEPT SPACE/展覧会を企画、組織する事は

群馬県渋川市にあるCONCEPT SPACEは 数年前に外観一角の小さな写真を載せたことがあるが、長屋式アパートをそのまま使ったスペース。「住まうこと」「制作すること」「発表すること」「企画すること」の4つを同一地平で行うことを目的として1982年同地に設立されている。
同スペースから今年届いた展示案内のなかに1枚、コンセプトスペースそのものを案内するA3-2つ折り仕様のリーフレットが同封されていて、画像はそちらから。
21-173b800.jpg

冒頭に書かれている一節、
『展覧会を企画、組織する事は
   ひとりのアーティストが自らの作品を制作する作業に等しく
   展覧会そのものがひとつの作品と言えます。』

は私も常々そのように考えている。先のエックス展の際も来場者から「あなたの作品は無いのですか?」と訊かれそれはよくある質問ではあるけれど、その答えはここに行き着く。展覧会自体がひとつの作品であるとするならば、そこに自身の作品を加えることは、何かしらの意図が別途無ければ屋上屋を架すようなもの。意味を考えないまま率先してやりたいとは思わない。
自らを出展メンバーに構想当初から入れておこなうグループ展企画もあり、これまでいくつもしているからいちおう書き加えれば、要は展覧会の意図やその性質に依る。2020年に企画した「どうぶつアート展」では「企画者が出展することそのものは私は否定しないしやることもあるけれど、作家と企画者というのは斯様に違う」と書いている。

質問には簡潔に「わたしは企画者ですから」とか「コーディネート役だから出展しない」という答え方をすることが多いのだが、より具体的にはまぁこういうこと。

若狭浩吉作品に展示替えしました (ラ・ボントーン)



ベーカリー「ラ・ボントーン」の店内展示。作品の入れ替えを昨日夕方おこない、若狭浩吉さんのパステル画4作品になりました。このあと約2か月間飾ります。
展示案内https://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-7116.html
21-172b.jpg
21-171b.jpg

(2024.04.25 am8:00)

«  | ホーム |  »

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

月別アーカイブ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR