アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

12<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>02

アトリエZen 展覧会案内
infomation

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
[記事index]
会期:2019年12月12日~22日/〓終了しました〓

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓終了しました〓
12月2日~2020年2月2日まで:
角屋 幸〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


閉じられたシャッターとマイスキップ原稿の入稿

      

地域情報紙マイスキップの次号2月号の編集制作に入っており、制作を担当するデザイナーWさんに連載コラムの原稿を今朝ようやくメール送信した。
締め切りに追われるように昨夜書いていて、もうこれでいいかなと思ったから寝る前にそのまま送っちゃえと一瞬考えたが、外山滋比古のエッセイに出ていた「前の晩に仕上げた文章を、一夜明けてさっぱりした頭で読み返してみる」が頭をよぎって、一晩寝かせることにした。案の定、早起きして読み直すと修正も出てくるもの。

その連載コラムは編集部事情でここ2か月お休みにしていて書くのは3か月ぶり。2月号はプラスして企画特集面の執筆もあったから、気分としては一気に増えた感。画像は街で見つけた閉じられた、錆び付いたシャッター。

(2020.01.16 am9:30)  

立ち寄ったショッピングモール

14-026.jpg
昨日は打ち合わせ続きで朝から三か所。全部終えての夕刻、帰り道にショッピングモールに立ち寄る。長岡では「アピタ」というひとと「リバセン」(リバーサイド千秋の略)と呼ぶひとと分かれるようだ。

My-Skip新春号と矢尾板克則展

My-Skip新春号のイベントインフォーメーション欄を以下転載。

デイジーでの焼き物展、和島トゥー・ル・モンドで開催中の三上喜貴賀状版画作品展のほかギャラリー主宰者から短文の寄稿をいただき「矢尾板克則展 -usefulとuseless-」の案内を右側に入れています。
その矢尾板克則展は「maison de たびのそら屋」が会場で本日のスタート。先月のエックス展と同様、「太陽の間」と「月の間」の両展示室・全館を使った展示です。また(記事には入ってませんが)喫茶室のほうは、高木秀俊さんが昨年制作し長岡小嶋屋“蕎麦×アート”企画で展示した絵画「架空の果実」シリーズが数点飾られ、矢尾板さんの陶作品とコラボレートされます。(喫茶室の高木作品:アトリエZen協力)

(↑ クリックすると大きくなります)

みたび年末年始の写真とタブロイド紙の記事

大晦日は手いっぱいでblogに書けず、後からになって「チャーミングに異を唱えよ」を読んでいたとか元日の散策写真をアップしたりとかしていたが、またまた年末年始から。ストック写真を。
写真としては別段どうということもないが、一番上は解体工事をしていた教会のその後で、大晦日の買い出しで前の道を通った際のもの。「こんなになっちゃって」と思いながら、つい車を停めて撮っていたのだった。

14-021.jpg
14-022.jpg
14-023.jpg



日刊ゲンダイの「キーパーソン退社で業績悪化…急増する“人手不足倒産”の実態」という記事のネットニュースが目に入る。こちらは昨日のこと。
タブロイド紙の常で、コンパクトな記事なのに見出しが派手だ。まぁそれはともかくも、また総体として正論とは思うけども、ここに出てくる人事コンサルタント氏の「(キーパーソンを)引き留めるためには、表向きだけでもイーブンの立場で接し、相手の苦労を理解すること」なる談話はどうなのだろう。その「表向きだけでも」にひっかかっていた。30年前ならいざ知らず、今の時代、表側だけ都合よく繕おうとしても容易にわかっちゃうし、それがわからなければそもそもキーパーソンにはなりえないと、これは間違いなく言えるからだ。

雪の魅力、アートの視点 - 「月刊My-Skip新春号」企画特集

地域情報紙「月刊マイスキップ」新春号。
企画特集ページは私が担当しており、「雪の魅力、アートの視点」と題し現代美術家・前山忠さんにインタビューした内容を掲載しています。

14-018.jpg
14-019_2020011104500574b.jpg


まえがき的に記した冒頭の一文を以下転載しておきます。


長岡現代美術館(1964~1979年)の誕生を契機に新潟大学芸能科を当時卒業したばかりの若者を中心に結成した「新潟現代美術家集団GUN(ガン)」を、長岡発の現代美術の動向として何回か本紙に取り上げた(※1)。昨年はニューヨークでの企画展で紹介される(※2)など国際的評価も進むそのGUNが、「雪のイメージを変えるイベント」として信濃川河川敷の雪原に農薬噴霧器で絵具(顔料)を撒いたのは1970年。GUNの代名詞的存在ともいえるそのイベントから50年、半世紀が経つ。
雪は市民生活にとって必ずしもいいイメージではない。そこで「雪のイメージを変える」と謳われてから50年を機に、雪を多角的に捉える特集をと考えた。今号ではGUN設立の発起人であり、「雪のイメージを変えるイベント」ほかGUNの活動を牽引してきた現代美術家・前山忠さんをゲストに招いた。氏はここ十年来、「大地の芸術祭」にて雪アートに取り組んでおり、雪とアート、雪の捉え方の変遷についてお話を伺った。



本特集の企画提案の発想には、上記まえがき文にも記しているが、1970年の新潟現代美術家集団GUN「雪のイメージを変えるイベント」から今年で半世紀ということがある。 半世紀として何かとりあげられるとするなら、その第1号になっただろうことを付記しておこうと思う。

発生の場/佐賀大学美術館



遠く佐賀大学の美術館での展覧会案内チラシが郵送されてきた。

3年前に群馬県で初めて展覧会をおこなった際に来場されたキュレーターのかたが送ってくださったもので、佐賀県には行ったことがなく縁もないが、佐賀大学といえば昨年知り合い昨年度の「弥彦・野外アート展」&「エックス展」両展に出展した新潟在住若手作家の出身大学で、新潟から進学する美大としては相当珍しいだろうその大学の名前にもちょうど触れていたところだった。群馬と佐賀と新潟ねぇ…となんだか不思議につながるものと思った次第。まぁまったくの個人的な話であるけれど。

「発生の場」と称し、大学の美術館でゲストアーティスト5名の展示(1月11日~)、大学内で学生22名の展示(1月8日~の5日間)とのこと。面白そうに思っても、さすがに遠いからちょっとやそっとでは行けない。

«  | ホーム |  »

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR